2021/10/14

ブラジル散歩 夕方編 ートヨタ・エチオス車の修理で大赤字ー の巻 

 車検とタイヤの交換を済ませたばかりの愛車トヨタエチオスを傷つけてしまいました。映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を見た後に、颯爽と愛車を駐車場からバックで出ようとしたところ、鉄の支柱にズリズリと擦り付けてしまったのです。

妻のファビアが声を出して止めてくれたから気が付きましたが、そうでなかったらもっと擦り付けていたでしょう。右側の助手席のドアの車の底辺が凹んだのが痛かったです。ドアがちょっと擦り切れるくらいならまだいいのですが・・・・

本当は下の修理した部分は無惨につぶれてました。


 それで見積もりを出してもらったところ、ドアの擦り傷と底辺の凹みと塗り直しで1100レアルということで半分だけ直すことにしました。ドアの擦り傷は我慢し、底辺の凹み部分の修理だけなら500レアルということだったので。。。。

 日本円に換算すると2021年10月現在で位置レアル20円くらいとして、1100レアルだと22000円、500レアルだと10000円ということになります。なんだ、そのくらいか。と思う人もいるかもしれませんが、私的には5万円の修理を2万円にした感じです。しかもその前に車検とタイヤ2つの交換で18000レアルの出費があったので、なおさら痛いのでした。しかし、ブラジルも車社会なので錆が出て車を早くダメしては元も子もないので、修理の決断に迷いはなかったです。

 


動画ではマリリアの今は廃線になっているパウリスタ線を跨ぐ陸橋を渡っています。眺めがいいしiphone11の広角の映像をご覧ください。かつてはサンパウロまでいけたそうです。線路の敷地は今でも残っているのが不思議です。復活して新幹線が走らないかなー。

それでは動画をご覧ください




「ブラジル・シュウちゃんねる」



0 件のコメント:

コメントを投稿

いま、注目の投稿はこちら

「世のいのり」とは民衆の悲鳴である 中日新聞コラムより 尾畑文正 ブラジル・ポルトガル語翻訳付き

 今週のことば 尾畑文正 念仏をふかくたのみて、世のいのりにこころいれて、もうしあわせたまうべし 『親鸞聖人御消息集』  親鸞がこの手紙で記す「世のいのり」とは民衆の悲鳴である。その悲しみに心入れて念仏申し合おうという。親鸞がいう念仏は全てを救...

人気の投稿はこちら