2021/10/07

(動画付き) 直綴(じきとつ・黒衣)の着方、脱ぎ方、畳み方


(動画付き) 直綴(じきとつ・黒衣)の

着方、脱ぎ方、畳み方








直綴(じきとつ・黒衣)はひだが繊細で崩れやすいのでハンガーにかけたらすぐにダメになってしまします。正しく畳むと、綺麗に長持ちします。お試しください。


 今回は新品の衣をしつけた後に、最初に4っつの紐を取り付けるところから始まります。次に着方、(着衣)そして、脱ぎ方(脱衣)引き続いてたたみ方になります。


 脱ぐ時の動作はそのまま畳み方の動作になっています。本山や日本の小松時代に習ったことを思い出しながら説明させていただきました。毎日使う衣で特に直綴は繊細な衣なので、大切に扱う必要が出てきます。


 正直、不器用で大雑把な性格の私は苦労しましたが、毎日やっているおかげで少しはできるようになりました。毎日同じことを繰り返すことの大切さを思います。



それでは動画をご覧ください、参考になれば幸いです。




第一回目はこちら

直綴(じきとつ・黒衣)のしつけ方 直綴を開封して初めにするといいこと。

https://youtu.be/PDPzZ0X9a4g



1回目の方、ブログにも書いています。

https://www.brasilsanpo.com/2021/10/blog-post_6.html







「ブラジル・シュウちゃんねる」

0 件のコメント:

コメントを投稿

いま、注目の投稿はこちら

「世のいのり」とは民衆の悲鳴である 中日新聞コラムより 尾畑文正 ブラジル・ポルトガル語翻訳付き

 今週のことば 尾畑文正 念仏をふかくたのみて、世のいのりにこころいれて、もうしあわせたまうべし 『親鸞聖人御消息集』  親鸞がこの手紙で記す「世のいのり」とは民衆の悲鳴である。その悲しみに心入れて念仏申し合おうという。親鸞がいう念仏は全てを救...

人気の投稿はこちら