ラベル 仏教の話 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 仏教の話 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022/12/25

今週のことば 尾畑文正 「人間は闇の自覚なしに、 光の自覚があろうはずがない。」 高光大船の言葉

 Palavras da Semana


高光大山写真向かって左側


Bunsho Obata


"O homem não pode estar consciente da luz sem estar consciente da escuridão".

                         Takamitsu Daisen


 8 de dezembro, para alguns é o dia da iluminação de Buda, para outros o dia do ataque a Pearl Harbor, para outros o dia do assassinato de John Lennon? Para os budistas, a iluminação de Buda é o ponto de partida, cuja realidade interior é a abertura da verdadeira sabedoria (luz). O que isso significa exatamente? Nas palavras acima mencionadas, o monge budista Shin Takamitsu Daisen (1879-1951), nascido em Kanazawa, afirma que a realização da escuridão é a realização da luz. Este é o entendimento de que a realização do Buda foi a realização da cegueira humana.


 O estado iluminado de Buda é representado pela fase da marca de toque de terra. Os dedos de Buda tocam a terra. A terra é o símbolo do mundo (Dharma), que nutre e sustenta toda a vida. O iluminismo é o despertar para o chão de sua existência e, ao mesmo tempo, a realização da escuridão humana que profana e pisoteia a terra. Quando a luz da sabedoria ilumina as trevas do homem, a forma dessas trevas é o ataque a Pearl Harbor (guerra) e o assassinato de John Lennon, que cantou de amor e paz. Para mim, 8 de dezembro é um dia para lembrar a loucura da humanidade. 


(Professor Emérito, Universidade Doho)


遊墨民カズさんの作品です。
SP盤をイメージして書かれた作品です。

※このブログを書いたら小松時代からよくしてくださっているカズさんが送ってくださいました。ブラジルにも2回来て芸術交流をしてくださいました。また来てほしいなー。



今週のことば


尾畑文正


「人間は闇の自覚なしに、 光の自覚があろうはずがない。」

                         高光大船



尾畑文正先生


 十二月八日、ある人は釈迦の成道の日、ある人は真珠湾攻撃の日、ある人はジョン ・レノン暗殺の日であろうか。仏教徒においては釈迦の悟りは原点であり、その内実は真実の智恵(光)が開かれたことにある。それは具体的にはどういうことなのか。金沢出身の真宗僧侶高光大船 (一八七九~一九五一年)は前掲の言葉で闇の自覚が光の自覚であると言い切る。それは釈迦の悟りは人間の 無明を悟ったとの理解である。


 釈迦が悟った時の姿は触地印(そくちいん )の相で表されている。釈迦の指が大地に触れる姿である。 大地とは全ての命を育み支える世界 (法)の象徴である。悟りとはその存在の根拠に目覚 めることであり、それは同時に大地を汚し、踏みにじる人間の闇の自覚である。 智恵の光が人間の闇を照らす時、その闇の形は真珠湾攻撃(戦争)であり、愛と平和を歌うジョン ・レノンの暗殺である。私にとって 十二月八日は人間の愚かさを心に刻日である。 (同朋大名誉教授)


Youtube動画でも、朗読とお話ししています。どうぞご覧ください。


「ブラジル・シュウちゃんねる」



2022/12/21

ブラジル🇧🇷マリリア真宗本願寺 報恩講 法話 斎藤先生 日本語 2022年11月27日 Palestra de Rev. Benjamin Watanabe. Rito de ação de Graças de Hōonkō em ...

コロナで2年間先生を呼ぶことができなかった報恩講でしたが今年はきてもらうことができました。 その時に撮った動画をシェアさせていただきます。

真宗のお寺では法話がからなずと言っていいほどされます。大きな法要の時には他のお寺から先生にきてもらいお話をしてもらうのが通例です。




ここマリリア真宗本願寺では隣町のグアインベの齊藤先生にはよくきてもらうのですが、遠方の講師はここ数年来ていただくことができなかったのです。しかし今年はできました。
 いろんな人の話を聞くことによって同じ仏教の話でも全く違って聞こえたり、逆に人が違っても同じ大事な問題があることを発見できます。ですからいろんな人に来ていただき、いろんなお話を聞くのが大切なのです。コロナでいつも当たり前のようにきていただいていた先生のお話がいかに貴重なものであるかを思い知るきっかけにもなりました。

最初の動画が隣町の齊藤先生で次の動画はプレジデンテの渡辺先生の法話です。渡辺先生は日本語もペラペラですが、ポルトガル語でお話ししてもらっています。時々日本語を挟むのがブラジルの日系のお寺での一つの型でもあります。

どうぞお聞きください。




ベンジャミン先生のお寺にも私も何度も呼ばれて法話をさせていただいています。これも大変貴重な経験で、普段と同じことをお話ししても、場所が違い目の前の方々が違うとお話のテンションも内容も不思議と変わることがあり大変勉強になります。
 いろんなところでお話しさせていただき、またいろいろな方々のお話を聞くことがとても大切だということが最近身をもって感じることです。




仏教のお話や、お寺のお話はよっぽどお話の達人でも、テレビや映画の面白さには負けてしまいますが、そことはまた違う味わい、独特の大切なメッセージを受け取ることがあると思います。 ぜひ近くのお寺に立ち寄って聞いてみてください。



「ブラジル・シュウちゃんねる」

2022/11/19

ブラジルの東西合同の法語カレンダーがマリリア真宗本願寺に届きました!

 今年も終わりですね。来年のカレンダーが届くとそういう思いを抱きます。

ブラジルのこのカレンダーは大人気です。毎年画家の挿絵が街つき入っている上に、日本語、ポルトガル語、スペイン語と3カ国語でわかりやすい法語が書いてある上に、カレンダーに書き込みがしやすく、値段もリーズナブルだからです。
 挿絵は日本の東西本願寺のカレンダーに則っていますが、法語はブラジル独自に決められています。ブラジルの方が仏法に馴染みのない方々全般にわかりやすく言葉を伝える工夫が凝らしてあると思います。


今年から値上がりしました


わたしがブラジルに来てから14年目ですが今回初めて値上がりしました。今までは一つ三レアルで購入(仕入れ値)していたのですが、一つ四レアルになったのです。
 現在ブラジルのインフレは凄まじくついに値上がりしたか!という感じです。それでもだいぶ安いのです。逆に15年余り値段が変わらなく、値上がりも一レアルと小幅のは本山の助成金のおかげです。 15年前はマックのソフトクリームは一レアルでした。現在四レアルです。

 ということもあり、今まで五レアル程度でお渡ししていたのですが、七レアル程度の寄付でお配りすることになりました。一レアル値上がりしたのに二レアル多めに値付けしているのは将来またすぐ仕入れ値が上がってもそのままを維持するためです。


 とはいえお寺のこういう配布は全てお布施なので、実際はその値段でないとお渡ししないというわけではありません。普通のお店でもカレンダーを配っているところもあるように。お寺が原価を負担して普段おせになっている方に配ることもあります。その時その時で臨機応変に対応しています。わたしも毎年50冊くらいは自腹で配っています。一年のお礼にもなりますし、今年もよろしくお願いしますの気持ちにもなるのです。ともかくお寺全体で赤字にならないようにお配りできれば成功だと思っています。

というわけでみなさんぜひ持って行ってください。




「ブラジル・シュウちゃんねる」

2022/11/11

「『天空の城ラピュタ』と猫のチビッタの使命」 中日新聞より 今週のことば -尾畑文正-  ポルトガル語あり

 今週のことば      尾畑文正

「これより西方に、 十万億の仏土を過ぎて、 世界あり、名づけて極楽と曰(のたま)う。」  『阿弥陀経』


 この経言を私は「ここから西方 に、無数の悲しみに出遇(であい)い、真実の平和と幸福を見出した願いの国がある」と超訳する。コロナ蔓延(まんえん)の頃、争いで片目を失った猫が私の 家に来た。猫は映画『天空の城ラピュタ』のモデルと噂されるイタリアの街名から「チビッタ」と呼んでいる。チビッタは夕方になるといつも庭の縁石に手をかけ西方の山々を見つめる。私はその姿からチビッタには帰る世界、歩む方向があると想像する。私にあるのは戦争には戦争、武器には武器と、繰り返す暴力の連鎖に座する日常ばかりである。この現実を超えて平和への方向を歩んではいない。傷ついたチビッタから問われている。

 今、「西方に」向かうとは戦争を準備することではない。過去の侵略戦争に慚愧(ざんぎ)する戦争放棄の憲法を活かす道を歩むことである。 暴力 (武器・核)では世界の平和は生まれない。この大原則を私たちは世界に発信する使命があるのではないか。


(同朋大名誉教授) 





Palavras da Semana 
Bunsho Obata



"A oeste daqui, depois de cem mil bilhões de Budas, existe um mundo, que se chama Terra Purra".


"Sutra de Amida"


    Eu traduzo este sutra como "A oeste daqui, existe a Terra dos Desejos, onde inúmeras tristezas são encontradas e a verdadeira paz e felicidade são encontradas". Durante a epidemia de Corona, um gato veio à minha casa que tinha perdido um olho em uma luta. Eu chamo a gata de 'Civitta', depois do nome da cidade italiana que se diz ser o modelo para o filme Laputa: Castelo no Céu. À noite, 'Civitta' sempre coloca sua mão no passeio no jardim e olha para o oeste, em direção às montanhas. Imagino por sua aparência que a 'Civitta' tem um mundo para voltar, uma direção a ser seguida. Tudo o que tenho é guerra contra guerra, arma contra arma, e a rotina diária de estar sentado através do ciclo repetido de violência. Eu não estou caminhando na direção da paz além desta realidade. A pergunta está sendo feita pelos 'Civitta' feridos.

    Ir "para o oeste" agora não é preparar-se para a guerra. Significa tomar o caminho para utilizar a Constituição, que renuncia à guerra e se envergonha das guerras de agressão do passado. A violência (armas e armas nucleares) não criará a paz mundial. Temos a missão de transmitir este princípio ao mundo.


(Professor Emérito, Doho-Universidade) 


「ブラジル・シュウちゃんねる」


2022/11/02

「たとえ朝咲いて 夜散る花であっても、 その中には 無限のいのちがある」"Mesmo a flor que desabrocha no amanhecer e se extingue ao entardecer, abriga a Vida Infinita".

 11月 法語  Novembro Mensagem do Dharma





たとえ朝咲いて

夜散る花であっても、

その中には

無限のいのちがある


金子大栄



ポルトガル語

Mesmo a flor que desabrocha no amanhecer e

se extingue ao entardecer, abriga a Vida Infinita.


直訳

暁に咲く花が夕暮れ時に消えたとしても、無限の生命を宿している。


スペイン語

Incluso la flor que florece al amanecer y

se extingue al anochecer alberga la Vida Infinita.


直訳

夜明けに咲いて夕暮れに散る花も

無限の生命を抱いている。


Daiei Kaneko






 ブラジルの東西連合のカレンダーです。毎年ブラジルの東本願寺と西本願寺が共同で作っている法語カレンダーです。


ポルトガル語とスペイン語の翻訳付きで大変人気があります。来年のカレンダーもそろそろここマリリアに届きそうです。

 

 

金子大栄はわたしの生まれ故郷の広島にも縁のある真宗大谷派、東本願寺の僧侶です。ウィキペディアにもあるように一時期広島に滞在しておいでだったのです。

その時期にわたしの実家の法正寺にもよく呼ばれて法話をしてくださっていたそうです。ひいおじいちゃんの泉原寛海が呼んでいたと聞いています。
 もちろんわたしはその頃生まれていませんから直接の思い出はありませんが、いまこうやって思い出を辿ればご縁があったことを嬉しく思います。

金子大栄



無限の命に支えられていることを知ると、この有限の命が無限の命に支えられていることに感謝する瞬間があると思います。その一瞬に無限が宿っているのではないでしょうか。



「ブラジル・シュウちゃんねる」



2022/10/14

お寺の猫住職、サラも菩薩なのでしょう  野川博之先生の漢詩 仏典には「菩薩は時として畜生に身を代えて相手を済度する」とある。  妙音菩薩の34種の分身の中に「畜生身」ありとするお経文(『法華経』妙音菩薩品)がそれだ。

たまに紹介しているまだ会ったことのない野川博之先生の漢詩を紹介します。


私もお寺にサラと名付けた道端で出会った猫がいます。おとなしくて可愛い雌猫です。一番お寺にいるのはサラなのでお寺の住職はサラなのです。
 サラは毎朝のお朝勤にも必ず参加します。野口さんの台湾の犬の漢詩が素晴らしいので転載させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 これは10数年以上も昔、もとの勤務先(台湾台南市の私立「立徳大学」。今の名称は「康寧大学台南校区」)で守衛さんに撮って頂いた校犬とのツーショットであります。


 このワンちゃんは2017年秋に死んでのち、
キャンパス内に葬られたと聞いておりますが、
草木の成長が東南アジア並みに早い台湾南部にあって、
そのお墓を探り当てるのは困難となっておりましょう。



9月11日夜
                      野川博之 敬上

       中秋憶立德大學校犬「小黃」(母狗,2006-2017)
(中秋に立徳大学の校犬・小黄〔シャオファン,♀,2006~2017〕を偲んで)
                  野川博之     
                                            2022.09.11
埋骨荒園垂五年,  ○●○○○●◎ 骨を荒園に埋(うず)めて 五年に垂(なんな)んとす
一生功就入西天;  ●○○●●○◎ 一生功(こう)就(な)って 西天(さいてん)に入(い)る
與君重會知何處,  ●○○●○○●  君と重ねて会(かい)す 知んぬ いずれの処(ところ)ぞ
不用臺南立墓前!  ●●○○●●◎ 用(もち)いず 台南にして墓前に立つを
  (仄起式,平聲先韻)


 君が荒れかけた校庭に骨をうずめてから、そろそろ丸五年になろうとしています
   (元の勤務先は、残り少ないすべての学生たちを送り出したら廃校と決定)。
 君は学園を守るという、今生での功績を成就して、遠く西方浄土へと赴いたことでしょう。
 君とどこで再会できるかはわかっております。
 それゆえ台南まで赴いて、荒れ果てた墓前に立とうとは思いません


    深謝「小黃」與「小黑」勵我良多

(「小黄」(前出)と「小黒」(シャオヘイ,♀,2011~2018)とが大いに私を励ましてくれたことを深く感謝して)
             野川博之                                                      2022.09.14

與我相親如善朋, ●●○○○●◎ 我と相(あい)親しむこと 善朋(ぜんぽう)の如し
悅他為樂發歡聲; ●○○●●○◎ 他を悦ばしむるを楽と為し 歓声を発す
經文有證君知否? ○○●●○○●  経文 証あり 君 知るや否(いな)や
卅四分身含畜生! ●●○○○●◎ 卅四(さんじゅうし)の分身(ふんじん) 畜生を含む
  (仄起式,平聲庚、蒸通韻)


 良き友人さながらに私と仲良くしてくれた君らよ。
 他者を喜ばせることに楽しみを見い出し、歓声をあげてくれたものだった。
 仏典には「菩薩は時として畜生に身を代えて相手を済度する」とある。
 妙音菩薩の34種の分身の中に「畜生身」ありとするお経文(『法華経』妙音菩薩品)がそれだ。



 詩題に出て来る「小黒」(シャオヘイ,♀,2011~2018)とは、雑種の台湾犬であります。
私を2011年9月以降2017年9月まで実に5年間も無料で置いてくださった「圓光仏学研究所」(台湾桃園市,国際空港そば)
で飼われておりました。

 番犬として大いに本分を尽くしてのち、2018年秋に死亡、
学校に隣接する庭園「智慧林」に葬られております。





       寵物度人,功不可沒
(ペットも人を救う。その功績は見落とせず)
                    野川博之                                               2022.09.15

菩薩分身數固多, ●●○○●●◎ 菩薩の分身(ふんじん) 数 もとより多し
萬機堪度績堪歌; ●○○●●○◎ 万機(まんき)度するに堪えたり績(せき)歌うに堪えたり
悲心不怕今生短, ○○●●○○●  悲心 怕(おそ)れず 今生(こんじょう)の短かきを
乘願重來志未磨! ○●○○●●◎ 願(がん)に乗じて重ねて来たり  志いまだ磨せず
   (仄起式,平聲歌韻)


 菩薩さまには何種類もの分身がおありで、
 だからこそさまざまな機根(きこん)の衆生を再度することができ
   その功績は謳歌するに値するのであります。
 その慈悲の心は、自己の今生での生涯が短いことを恐れず、
 誓願のままに再度この世へやって来ては、ペットの身で主人となった相手を済度するのだ、
   という意気に燃えていらっしゃいます。

9月16日午前
                        野川博之 合掌

「ブラジル・シュウちゃんねる」

いま、注目の投稿はこちら

ブラジルの金色のワニのビーズ・キーホルダー 

ブラジルの路上でワニのキーホルダーを再び買う事になるとは。 いつもよく行くスーパー "サンジューダス"の駐車場で妻のファビアが「シュウ覚えてる?キーホルダーを売ってる人だよ」と見つけてくれました。 実は私も姿は見えていたのですが、(私にとっては)いらないものを...

人気の投稿はこちら