ラベル ブラジル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ブラジル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020/11/14

乞食坊主(こつじき ぼうず)の話など ーブラジル散歩ー

最近はクラウドファンディングも浸透してきましたが、ネット乞食とかいろいろ出てきました。乞食とはもともとは「こつじき」といい僧侶のことです。ウィキペディアに載っていますので是非ご覧ください。  動画でも話していますがブラジルにも路上生活者がたくさんいて、この私も道端で小銭を乞われたり、お寺にいても最低一日一回は来ます。

 ブラジルに来て13年になりますが多くの人がアドバイスとして一度あげたら目をつけられて何度も来るし、乞食もコミュニティがあるのであそこに行くともらえるよ!という噂が広がり、際限なく人が来るのでやめたほうがいいという人のほうが多いです。


 しかし、あげなかったら恨まれるかもしれないし目をつけられるかもしれません。ブラジルではよくフリーの駐車場に立っていて、車を見ておいてあげるからお金頂戴と言われる場所ああります。そのときにあげないと車をキヅつけられるかもしれないという恐れがあり、しょうがなしに上げる場合もあります。でも時と場合によってはあげない場合もあります。

ではいろいろな乞食にあげるかあげないか、どうやって決めているのでしょうか? それはちょっとしたことです。その時お金が有るか無いか、その時の私の気持ちはどうか? あと私が途中で気がついた大きなテーマはお金を乞う相手がどういう態度か? この最後が私の大きなテーマになってもう久しいです。

 私はあるときから必ず小銭を持ち歩くようにしています。第一の条件を潰すためです。となるとあとはその時の私の気持ちと相手の態度でその時施すかどうか左右されることになります。 わたしがある日ハッとしたのは同じ乞食でも相手のちょっとした態度で私の気持ちが大きく左右されていることに気がついた時です。その時「坊主は畳の上の乞食」と日頃から言っていた住職を思い出したのです。それはまだ日本にいた時15年前くらいのことですから、本当はその頃から乞食と坊主というテーマはいつも私の心のどこかで流れています。

今回のブラジル散歩では先日同じ僧侶をしているお西のお坊さん菅尾さんと話している時の事を振り返りながらお話ししています。 

僧侶だけでなくおそらくこの世の生き物はみな乞食だと思います。


ではご覧ください!




「ブラジル・シュウちゃんねる」
↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara



2020/11/09

美しいブラジルのミニ蜘蛛を撮影 

美しいブラジルの蜘蛛


2020/11/07の撮影です。

マリリア市のペスケーロ田中という釣り堀で昼食をいただいている時に私の帽子になんか虫が付いているって妻のファビアが教えてくれて、いつもならすぐパッと振り払うところですが、なんだか奇妙な形と色をしているな? と興味を惹かれよく眺めてみても見えないのでiphoneで撮影しながら拡大したところ意外に綺麗で感動してしまいました。
 あまり恐れを知らない蜘蛛で彼(彼女)もこちらに興味があるような感じで逃げないんです。虫と心が通じ合ったような気がしました。

途中帽子からいなくなったと思ったらビール瓶に登ってきてあわや入りそうになっていました。暑いのでビールが飲みたかったのかな?
 もしこの蜘蛛の名前がわかる人は教えてください。

それでは動画をご覧ください。 結構綺麗に撮れています。










「ブラジル・シュウちゃんねる」
↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara




YouTube内での音楽はやはりブラジルの本願寺のお坊さん、堅田さんが作ってくださってます。 ありがとうございます!

音楽作成 堅田さんのYouTube  Os Bombus https://www.youtube.com/channel/UCgH4tMeYnSzCUFzVVOXYc-A Blog dos Bombus https://osbombus.blogspot.com イラストを作成してくれたのりこさんのYouTube 堅田さんの奥さんです noryco https://www.youtube.com/channel/UCSRLosAhHTr9XfVa8YLZjPQ HP https://catanoryneco.jimdofree.com/about-1/


 

2020/10/28

乳香、没薬を炊いてみました。ブラジルマリリア市現地のキリスト教のお店で買ったものです

 乳香、没薬を炊いてみました。ブラジルの現地のお店で買ったものです。

以前紹介したドンゼーラ(蝋燭の防風カバー)を買った時に見かけたのですが値段が結構高かったので躊躇して買わなかったのですが、後でネットで調べたら結構歴史のあるお香だとのことなので興味が出て買いました。そのお店では100ぐラム55レアル現在のレートで1100円なので結構高いです。

しかし実際に炊いてみると家庭で香りを満たす用途だと、多くは使う必要がないのでリーズナブルかもしれません。 今回のお香が本物であれば大変歴史のある貴重なものです。お寺では使わないのでどんなふうに違うのか?それは動画でご覧ください。
 


参考にしたサイトのリンクはこちら 没薬(もつやく)とは ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/没薬 インセンス香 没薬 https://shop-pauline.jp/?pid=4030363 乳香(にゅうこう)とは ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/乳香

Olíbano In Natura - 20g




リンク先には色々詳しく書いてありますが、私が気に入った部分の説明を抜き書きしておきます。赤い部分は感動したところです。名前の由来の通り薬品でもあるんですね!

フウロソウ目カンラン科コンミフォラ属(ミルラノキ属)の樹木から分泌される樹脂のことで、古くから香として焚いて使用されていました。
また、殺菌作用を持ち、鎮静薬、鎮痛薬としても使用されていました。
東方の博士たちが、イエスの誕生の際にささげた贈り物の1つとして知られています。

香以外にも中医薬漢方薬としても用いられ[4]鎮痛、止血、筋肉の攣縮攣急の緩和といった効能があるとされる[4]。また、多く流通している南アラビア地域では、唾液分泌の促進やリラクゼーションのために乳香樹脂をガムのように噛むことがある。




「ブラジル・シュウちゃんねる」
↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara




YouTube内での音楽はやはりブラジルの本願寺のお坊さん、堅田さんが作ってくださってます。 ありがとうございます!

音楽作成 堅田さんのYouTube  Os Bombus https://www.youtube.com/channel/UCgH4tMeYnSzCUFzVVOXYc-A Blog dos Bombus https://osbombus.blogspot.com イラストを作成してくれたのりこさんのYouTube 堅田さんの奥さんです noryco https://www.youtube.com/channel/UCSRLosAhHTr9XfVa8YLZjPQ HP https://catanoryneco.jimdofree.com/about-1/

2020/10/24

#2 第二回 南米ブラジルの僧侶で映画監督。菅尾健太郎さんー芸術と仏教との出会いー

若き日の菅尾健太郎さんと行空三学師
        若き日の菅尾さんと行空師

第二回目
前回の続きになります。10代から20代の日本での青年菅尾さんの波乱万丈の人生。 芸術の師であり、仏道の道へと誘った方でもある行空三学師との出会いなどお聞きください。  若き菅尾さんが人生に真摯に向き合い、迷いながらも出遇いの中から少しづつ仏道へ誘われるようにして歩む半生が語られています。
 しかも今思えば、芸術家を目指した青年時代があったからこそこうやって南米でドキュメンタリー映画を作成することにつながっているのだと言うこともうなづけます。貴重なお話に耳を傾けてください。


今回の登場人物 行空三学師 『 行空三学師 』 画集 出版 プロジェクト https://youtu.be/I7H2if7Fyn0 浄土宗西山深草派布教師会 (行空師の法話を聞くことができます) 大江健三郎 「沖縄ノート」Kindle版 ゴッホ
セザンヌ    セザンヌ絵画集 近代絵画 Kindle版  僧侶で映画監督でもある菅尾さんにYouTubeに登場していただきました。いろいろお話が聞けて大変ありがたかったです。1時間以上も撮影したので数回に分けてご覧いただきます。生い立ちから僧侶になった経緯、映画作成のご苦労など貴重なお話をどうぞお聞きください。 「菅尾健太郎さん監督としての略歴」 浄土真宗本願寺派開教使。2007年にブラジルで仏教系NGOロータス・ブランコを設立。数々の教育文化プロジェクトを実現。ブラジル、日本、フランス共同製作による長編ドキュメンタリー映画[時折・TOKIORI (2012年公開) の調査兼シナリオ製作に関わる。2012年、アメリカの浄土真宗史を捉える記録映画[Streams of Light (63分、2013年公開) を監督製作。 2019年ブラジルでの仏教伝播を描くドキュメンタリー映画[Três Joias・ブラジル仏教]を製作 『トレス・ジョイアス―多文化社会で輝く仏教―』(DVD・Blu-ray・ブックレット)   
監督 菅尾 健太郎   製作総指揮 パウロ・パストレロ http://www.tresjoias.com.br/jp/

youtube https://youtu.be/yRVo5W_UbDk


「ブラジル・シュウちゃんねる」
↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara




YouTube内での音楽はやはりブラジルの本願寺のお坊さん、堅田さんが作ってくださってます。 ありがとうございます!

音楽作成 堅田さんのYouTube  Os Bombus https://www.youtube.com/channel/UCgH4tMeYnSzCUFzVVOXYc-A Blog dos Bombus https://osbombus.blogspot.com イラストを作成してくれたのりこさんのYouTube 堅田さんの奥さんです noryco https://www.youtube.com/channel/UCSRLosAhHTr9XfVa8YLZjPQ HP https://catanoryneco.jimdofree.com/about-1/

2020/10/20

大谷暢裕ご門首の記事が北國新聞に載った話。ブラジル散歩




ブラジル散歩マリリアの夕方の散歩です。夕暮れがいつにも増して綺麗だったのとその日、つまり10月18日の北國新聞の記事に大谷暢裕ご門首と北陸の関係などが記事になっていたので嬉しくてその話もしました。
 私は北陸は石川県小松市に11年間住んでいたのです。そしてここブラジルでの生活は13年目に入ります。私が勤めていたお寺は小松の本光寺というお寺で、その時に知り合った森秀一さんとの出遇いやブラジルでのイベントのことにも触れてあってとても、とても嬉しかったです。
新聞記事にはブラジルで育った大谷暢裕先生のおおらかさや、奥さんのサチカさんとの出会いの話、お父さんの大谷暢慶氏と富山県とのつながりなど豊富な内容で大変感動しました。私が住んでいるマリリアの近くには弓場農場がある場所で有名なアリアンサと呼ばれる移住地がありますが、その場所は富山県からの移民の方々が中心になって開拓された場所でもあります。

 新聞の記事はブログの下に貼り付けていますので拡大してご覧ください。


まずは動画をご覧ださい! 



「シュウちゃんねる」
↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara



大谷暢裕氏って、どんな人?


2020/10/14

ブラジル散歩 マリリア市の夕暮れ散歩 ウォーキングの効率の良い方法

マリリアの夕暮れを散歩しています。

YouTubeの動画アップしました。今年に入ってからそしてコロナになってからは尚更散歩を心がけるようになって、毎日平均8000歩を目指しています。本当は1万歩を目指していますが、無理しないよう徐々に多く歩くようにしています。先月は九千歩平均を超えたのでまずまずです。

以前は散歩するときに音楽を聴きながら、またはポケモンをしながら歩いていました。モチベーションが上がるし散歩に一歩踏み出す理由になっていました。でも、いまでは音楽も聞かないしポケモンもしていません。 散歩を続けているうちに自然とそうなったのですがそれには大切な理由があります。

歩いていると景色が流れるし、街の音も流れていきます。空気も変わっていきますし自分自身の体調も変わっていきます。ポケモンや音楽を聴きながら歩いているとその変化が受け取れなくってせっかく歩いていても半分くらいしか自分のものになっていない事に気が付いたのです。それはもったいない!そう思って音楽もポケモンも自然としなくなりました。時々美しい風景を撮る事はします。こうやって今回のように動画を撮ることもありますが、毎日のほとんどはもう歩きながら毎日の街の風景や音、それに自分自身の歩いている時の体調や思いに集中しています。そうするとウォーキング自体のクオリティーが上がるのが分かります。

そして毎日同じような街並みも同じでないことが感じられます。自分自身の体調の変化にも敏感になってくるのです。是非お試しください。そうするとウォーキングをしてお腹がへっこまなくっても体重が落ちなくっても、もうその場でウォーキングのご利益をもらっているので毎日続けるのが楽しくなります。 ウォーキングしていることで実はもうその効果は出ているのに気がつきます。

とはいえ、私も散歩が習慣化するまでは音楽を聞いたり、ポケモンで新しいモンスターを発見できるからという別の動機付けがないと外に出なかったと思います。 理由はともかく毎日ちょっと外出にでて歩く。基本はこれで良いのではないかと思いながら無理せずほぼ毎日歩く日々が続いています。

 ブラブラ散歩一緒にいかがですか? それでは動画をご覧ください!(^○^)


「シュウちゃんねる」
↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara



YouTubeでの最初の二曲
音楽作成 堅田さんのYouTube  Os Bombus https://www.youtube.com/channel/UCgH4tMeYnSzCUFzVVOXYc-A Blog dos Bombus https://osbombus.blogspot.com イラストを作成してくれたのりこさんのYouTube noryco https://www.youtube.com/channel/UCSRLosAhHTr9XfVa8YLZjPQ HP https://catanoryneco.jimdofree.com/about-1/


2020/10/09

ブラジルでオムロンの血圧計を買って早速測ってみました


 ファビアの親族は心臓の病気になる人が多いこともあり、毎年ファビアは心臓病に特化した検査を受けています。今年は50歳になったこともあって、24時間身体に電子機器をつけてモニターした結果血圧が芳しくないと医者に告げられて、家庭でモニターできる血圧計を購入しました。

最近は電池で稼働するし、コンパクトなんでびっくりしました!さらにOMRONって買いてあるので「日本製を買ったの?」とびっくりしました。もしかして日本製じゃななかったのかな?と思って調べたらやっぱり日本製でした。しかも京都が本店でした。ブラジルでは日本製の機器は基本3倍の値段で売っているので相当高かったのでは?と値段を尋ねたら200レアルでした。現在のレートでいうと4000円。あとでネットで日本での同等の機器の値段を調べてみると同じくらいだったのでさらに驚きました。

(価格com)

ファビアが血圧に問題があるらしいので血圧計を買ったのですが、測ってみると正常だったのでほっとしています。だけど二人とも50歳をすぎたし、健康に気をつけたいと思います。 ファビアが買ったサイト さらに値引きされてました。 Aparelho Medidor De Pressão Digital De Braço Hem-7122 Omron
「シュウちゃんねる」
↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara

動画をアップした後にOMRONについて調べていたらオムロン・ブラジルの情報が出てきました。オムロンはブラジルに進出していて現地で生産をしているようです!だから安いのかもしれませんが、現地生産していても製品の質は日本より遅れていて値段は倍の日本企業の製品もありますから、オムロンブラジルは相当頑張っていると思います。
読んでいたらオムロンの企業精神に感動したので一部貼り付けます。リンク下は最後に置いておきます。

オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下、オムロン ヘルスケア)は、ブラジル連邦共和国サンパウロ州ジュンディアイ市(Jundiai市)に、ラテンアメリカ市場向けの、血圧計およびネブライザの生産工場を新設します。新工場では、ブラジル国内向け血圧計とネブライザに加えて、今後は他のラテンアメリカ諸国向け商品も生産し、拡大する同市場へのタイムリーな商品供給の体制を構築します。

ブラジルを中心としたラテンアメリカ地域では、経済成長に伴う生活水準の向上や食生活の欧米化といった生活習慣の変化に伴い、高血圧など生活習慣病患者の増加が社会的課題となっています。また、大気汚染による喘息、喫煙によるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器系疾患の患者も増加しています。

このような状況を鑑み、オムロン ヘルスケアでは、2014年にブラジルのネブライザ市場でNO.1シェアを獲得しているNS Indústria de Aparelhos Médicos Ltda.を買収し、ネブライザ事業を強化しました。また2017年には、工場内に血圧計生産ラインを新設し、ブラジル国内向けの手首式血圧計の生産を開始しました。

今回の新工場新設により、ブラジルでの生産能力を2017年の約120万台から2022年には540万台へと増強させ、ブラジルおよびラテンアメリカ市場の拡大に対応し、同市場における事業のさらなる拡大を目指します。2018.05.24

ブラジルにラテンアメリカ市場向け健康医療機器の生産工場を新設https://www.healthcare.omron.co.jp/corp/news/2018/0524.html

オムロン ブラジルの人たちの健康づくりを支援

会報『ブラジル特報』 2012年11月号掲載
日系企業シリーズ第21回

              竹田 誠治 (Omron Healthcare Brasil Ltda. 社長)



障壁多いブラジルビジネス
 「ブラジルコスト」「何事にも時間のかかる国」などブラジルビジネスの難かしについて多くの書籍で触れられていますが、まったくそのとおりで、現在でも多くの課題に頭を悩ましています。それでも社員と知恵を絞り、課題を乗り越え、私たちの商品をブラジルのお客さまに届けることができた喜びは何事にも変えがたいものがあります。

 健康づくりにチャレンジ
 ブラジルの高血圧患者数は世界でも指折りであり、残念なことにそれが原因で心疾患、脳疾患になられて亡くなられる方が大勢いらっしゃるというのが現状です。家庭での正しい血圧管理方法を啓発し、一人でも多くの方に当社の商品をお使いいただき、血圧管理を行っていただくことが私たちの使命です。
 また、今後は喘息患者さま向けへのネブライザ、肥満を解消するための支援ツールなど品揃えの幅を広げ、よりブラジルの方々の健康づくりに貢献すべく、チャレンジを続けていきます。



以上一部抜粋下記のリンクで全文読めます。

日本ブラジル中央協会https://nipo-brasil.org/archives/2437/

リンク
オムロン・ブラジル







乞食坊主(こつじき ぼうず)の話など ーブラジル散歩ー

最近はクラウドファンディングも浸透してきましたが、ネット乞食とかいろいろ出てきました。乞食とはもともとは「こつじき」といい僧侶のことです。ウィキペディアに載っていますので是非ご覧ください。  動画でも話していますがブラジルにも路上生活者がたくさんいて、この私も道端で小銭を乞われた...