ラベル 夢日記 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 夢日記 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2024/01/22

「夢の中のタイムトラベル - 懐かしの大学と予期せぬ再会」 ブラジル散歩





YouTube「ブラジル散歩」で夢の話をしています。




「昨晩、私は早めに眠りについて、朝早く目覚めた。ふとした瞬間、久しぶりに大学時代へとタイムスリップしたような夢が訪れた。

夢の中で、私はかつて通っていた大谷大学の尋源館にいた。そこでは、すでにこの世を去ったはずの白土先生とリモートでの発表を控えているという、不思議で緊張感あふれるシナリオが展開されていた。私は、いつも通りの予習不足に焦りながら、尋源館へと急いでいたのだ。

道すがら、三晴先生とすれ違い、「ボンジーヤ!」と軽妙な挨拶を交わす。先生の嬉しそうな返事が、夢の中でさえも心地よい安堵感を与えてくれた。

尋源館の受付に到着すると、そこには桜庭さんが!彼女に「久しぶりですね」と声をかけ、握手を交わしたその瞬間、驚くべきことに、彼女は実はアサイの門徒だった。まるで夢の中の夢、現実と幻想が交錯する瞬間だった。

そして、そんな不思議な出来事の連続の中、突然夢は終わりを告げた。

この夢は、何を意味しているのだろうか?大学時代の懐かしさ、そして予期せぬ再会。夢と現実の狭間で、私は今も思いを馳せている。」

実は日々勉強していない時に見る定番の大学時代の夢なのであった・・・・・

「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓







2021/10/11

夢日記、おゆうじの話

夢を見た。

大きな野外会場でブラジルの焼肉シュハスコの準備をしている。

 たくさんの親族関係者がいる。そこにお西の僧侶マルコスさんもいて、軽く会釈をして挨拶をした。マルコスさんは間衣を着ているので、僕は「そうか!今日は矢野さんの法事だった」という事に気がついて、私も衣を部屋に取りに行った。途中高層のホテルの中間フロアに出て、自分の部屋にたどり着くまでに黒服のアテンドのチェックも入る厳しいホテルで自分の部屋になかなか辿りつかない。このままでは法事の始まりの時のお参りが出来なくなってしまうではないか!と焦ってくる。




 そうこうしている内に宴会は始まっていて、私ももう間に合わないのでマルコさんにお参りの代わりを頼んだ。せっかく部屋に着いて衣に着替えたのだが戻ってきた時には宴も盛り上がっていてなんだか役目を果たせなかった自分が情けない。しかし遅れてきたにもかかわらず皆は何事もなかったように自然で、最後に挨拶の法話をしてほしいと依頼をされる事になる。

 いつもの夢だったらあまりうまくお話することができずに焦って目が覚めるのだが、最近は夢の中で皆の前で喋っている場面が多いせいだろうか?なんだか上手くもないが、大きくぶれることもないお話をしてブラジルらししなんとなくの解散となる。

 場面はまたホテルに戻る。大きなホテルは空港にそのまま接続しており、急遽小松の本光寺の支部ともいえる場所で法事が決まり、なぜか私が指名されていくことになった。いつもの夢なら行こうと思ってもたどり着けなくって困るところで目が覚めるのだが、今回の夢では2件法事が終わってホテルに戻ったら、クラスメートの女子たちと携帯のマッチングアプリで好みの人の顔から、その人間と同じような顔の人を次々とピックアップしていって。運命の人、もしくは人間の顔が人生にどう影響するのかという単なる恋愛アプリ以上の人類の系統を顔で明らかにしていく、本格的画期的なアプリで。私がその場にいる数人の女性の一人にぼくは君のような人がすごい好みだからあなたの顔で試してみたいと言ったら快諾してくれて、アプリが選び出したのは沖縄の方の女性だった。へー そうなんだ!とびっくりしている。私の奥さんのファビアは沖縄のおじいちゃん、おばあちゃんがルーツなのできっとそういうことだと夢が覚めた後にわかった。でも夢の中ではファビアとはわかっていない。

 そこで、無料でマッチングアプリを使わせてもらったお礼にいくらか支払おうとして、そのアプリはいくらなの?と尋ねたら、2万5千円との返答にびっくりしたが、そのくらい本格的なアプリならそれはそうだよね! とか言いながら自分のお金が入ったボックスを開けていくらか払おうとする。 紙のボックスはお焼香の歓喜香のもので、その中にブラジルのお札と日本のお札が混じっている。結構入っている。その中から15000円を取り出し渡した。女の子は嬉しそうに受け取った。惜しい気もしたが、太っ腹な自分を見せたかったのだ。

そこで夢が覚めた。


 

お夕事を始めることになった。

ペドロ・エンリッキという青年が訪ねてきて仏教を学びたいという。聞くところによると11年間ネットなどで独学をしていたが、どうしてもお寺で直接学びたくなったのでネットで検索したらこのお寺がヒットしたということだ。

 もう2回きている。これは珍しいことで一回来てまた今度来ると言って二度と来ない人の方が多いのだ。

 でもそれでもいいと思っている。一生に一度のお寺参りの青年たちに出会うことは日本だとそうないだろう。

以上夢の話と、お夕事の話でした。

注 ※ おゆうじとはお寺の午後のお勤めのことです。写真は本当の私が勤めてるブラジルのお寺の法事の風景です。


いつもはYouTubeの動画の話をしているのですが。最近夢を覚えていることが多くなって、結構印象的だったので久しぶりに夢日記を書きました。夢日記をつけると相乗効果で、また明晰夢をみやすくなるというので、今後の趣味にいいかもと思っています。


「ブラジル・シュウちゃんねる」

いま、注目の投稿はこちら

2024年時点・Google Meetを解約したわけ お朝勤と法話と座談の動画付き 「Budismo Bádico 土曜日のお朝勤 『凡夫(ぼんぶ)』とはお経の鏡に映る私の姿" Ser tolo" é o meu verdadeiro reflexo no espelho dos Sutras.」

Google Meetを一時解約したわけ  Google MeetからZoomへの移行の決意 Googleが開発したGoogle Meetには、YouTubeとのシームレスな連携を期待していました。一ヶ月の契約を試み、その機能性を探求しましが、期待に反していくつかの技術的な障壁に...

人気の投稿はこちら