ラベル iphone11 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル iphone11 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022/08/31

ブラジルのモスバーガー? マリリアにジェロニモ・ハンバーガが出店!行ってみました。

地元マリリアにハンバーガーショップが誕生しました。

 ブラジルでもマクドナルドは人気です。バーガーキングも結構沢山あります。さらにハンバーガーの個人ショップも人気であるのですが、今回できたJeronimo(ジェロニモ)というお店はホームページを覗くとこんなことが書いてあります。



ジェロニモは、ブラジルで最も尊敬されているシェフや起業家の1人であるジュニア・ドゥルスキが作りました。

私たちの情熱は、誰もが愛するハンバーガーを作ることです

 新鮮で天然の食材のみを使用した作りたて。ブリオッシュと温かいパン、
最大限のジューシーさを維持するよう鋼板に程よく焦げ目をつけるた肉、
溶けたチェダーチーズ、シェフのマヨネーズ、レタス、トマト、
それはハンバーガーに期待されるすべての風味なのです。



秘密

 私たちのハンバーガーの秘密は、非常に高い温度で鋼板の熱を受け取り、
正確な時間によって焼き上げ、外側に皮膜を作りあげ、肉のジューシーさを逃しません、風味、最高の特性を保持するよう完璧に焼き上げた肉なのです。



と書いてあります。
実際食べた時は、偶然見かけて飛び込みで入ったので前知識がありませんでしたが、動画で語っているように、マックのような独特の臭みのない、自然な味わいでした。
まさに日本のモスバーガーのコンセプトにそっくりです。




ホームページはこちら。 デリバリーもできます。 HP https://jeronimoburger.com.br/home facebook https://www.facebook.com/jeronimoburger/ instagram https://www.instagram.com/jeronimoburger/ #Jeronimo Burger

「ブラジル・シュウちゃんねる」

2022/03/07

ブラジルの街角で、NHK「きょうの料理」のテーマ曲が流れていました。後で調べたらいろんな蘊蓄に驚いたので紹介します。

ブラジルの街角で、きょうの料理のテーマ曲が流れていました。



 子供の頃から耳にしていておそらくわたしの世代には身に染み付いているあの曲が思わぬところから聞こえてきたので、懐かしくも不思議な気持ちになりました。ブラジルではよくあるスーパーのPão de açucar(ポン デ アスーカル)直訳すると砂糖パン?の店の入り口にぬいぐるみを取る、クレーンゲームのスピーカーから鳴り響いていました。 ブラジルでなっているとなんとなくブラジルの曲のようにも聞こえました。曲調の陽気さが南米の空気に合うのです。

 思わず動画に撮ったのですが、曲の名前が思い出せず ネットで検索して曲名やそのいわれなどを知ってまたびっくりしました。



NHK「きょうの料理」オープニングテーマ曲


作曲:冨田 勲(とみた いさお/1932-)/NHK料理番組



番組『きょうの料理』明日から放送なので『テーマ曲を明日までにお願いします』

(当時25歳の冨田 勲さんに託され、作曲されて半世紀以上使用されている曲なのでした)


『作曲家・冨田 勲さん 2016年5月5日(満84歳)

冨田 勲(とみた いさお、1932年4月22日 - 2016年5月5日)は、日本の作曲家、編曲家、シンセサイザー奏者



NHK『きょうの料理』テーマ曲の期限は明日まで! 冨田勲



1日で作曲した


というのが、衝撃的でした。しかも若いまだ駆け出しの時に。その曲が世代を超えて残っていて、現在ブラジルの街角でも流れているというのはすごいことです。しかも料理とは関係のない。クレーンゲーム機のテーマ曲として。これでもしかしたらブラジルの子供たちの記憶にも日本人、冨田勲の曲が染み込むかもしれません。


それでも衝撃のエピソードでしたが次のブログには盗作疑惑について書いてあってさらに驚きました。


ディープ・パープルも日本でのライブで披露?



上記のブログにはまず、


ディープ・パープルの「ライブ・イン・ジャパン」のある曲

について書かれていて、ライブ映像も紹介してあります。


パープルのファンの間では、リッチーたちが来日してホテルのテレビでたまたま「きょうの料理」が流れていて、
即座にコピーし、ライブで演奏したのだろう、という説が多い。




とのことである。がそれに引き続き・・・・

スウェーデン狂詩曲第1番「夏至の徹夜祭」が紹介されていました。

その曲がまあ確かにそっくりなのです。


パクリ疑惑?



上記のブログには

これ、リッチーが弾いてるのは「きょうの料理」ではなく、こっちでしょう、絶対。フレーズが一緒だし。
リッチーはクラシック好きでも知られるしね。
そうか、そうだったのか。
初めてこれを聴いてはや30年、胸のつかえが取れた気分だ。

それはいいとして、「きょうの料理」のテーマって、スウェーデン狂詩曲のパクリと違うのかな。


と締めくくられていて。なるほど!と感心しました。

ちなみにこのクラシックもわたしはどこかで聞いたことがあります。もしかしてNHKのクラッシックの時間かもしれません。母が線香作りの時によくそのチャンネルを流していたような・・・懐かしい。


わたしは、ディープ・パープルが日本で即興演奏したのはやはりたまたま「きょうの料理」を見て「あ!日本では料理番組のオープニングでスウェーデン狂詩曲第1番「夏至の徹夜祭」使ってる! 日本人おもしろーい! 俺らが演奏したら盛り上がるかも?」ということで、試みたのではないか? と感じました。


最後に「きょうの料理のテーマ曲」



やっぱりいいですね!名曲を見事にアレンジしたと言っていいのではないでしょうか。ブラジルでも冨田勲さんのこのアレンジも思い出の曲となってほしいです。



NHKきょうの料理 オフィシャルページ



「ブラジル・シュウちゃんねる」


 

2022/03/03

加工してません。マリリアの燃えるような朝焼け

  先日早めに朝起きてお寺の庭に出てびっくりしました。朝日が怖いくらい真っ赤で、まるで映画のワンシーンのようでした。お寺の門が東に向かっているので一瞬「羅生門」という言葉が頭に浮かびましたが、あとでネットを検索したら白黒映画でした。


 その時は月が出て明けの明星も輝いていてそれがまた幻想的だったのですが、カメラでは捉えることはできませんでした。三日月だったと思います。

街灯がLEDになっていてまだ点灯していたので写真ではわからないと思います。また肉眼では月は大きく見えるようになっているらしく、写真に撮るとえらい小さく写るのです。
それでも空の赤さは凄まじく、それはうまくiphoneが捉えてくれました。

 美しさと恐ろしさが混じるような気持ちになりました。この世の終わりのような気もしたし、しかし目を離せずその刻々と変わる朝日の光の移ろいを見てしまうのでした。
真っ赤な時間はほんの数分でどんどん日常の朝日に変わっていくのでした。

 これはiphoneの広角で撮ったものです。朝の薄暗さはこれがリアルです。しかし空の赤さは先の3枚が本物です。肉眼(もしくは脳内で?)の方が暗さと明るさの両極端を同時にイメージすることができるからでしょう。

ファビアを呼んで一緒に数分眺めました。ファビアも怖いと言っていましたが目を離せないようでした。

朝日が登ると、薄気味悪い恐れも嘘のように取り払われたのでした。

映画羅生門


「ブラジル・シュウちゃんねる」


2022/01/21

(動画あり) ブラジルの別荘で豪華な誕生会の様子、

ファビアのお姉さんのお誕生会に行ってきました。


この写真の子はバーバラちゃん。今年結婚が決まりました。動画を撮ってたら曲に合わせて踊ってくれました。お茶目な女の子です。




ファビアの娘のタイスちゃんと旦那のルーカスそして孫のニコラスです。会場の別荘でシャボン玉のプレゼントが子供用に用意してありました。大喜びです。動画でも登場します。




写真の真ん中がお母さんのアライネさんです。ファビアのお姉さんで私と同い年です。
55歳の誕生会でした。ブラジルでは節目の誕生会を豪勢に祝う習慣があるようです。
人にもよりますがお姉さんはパーティーが大好きです。

娘のアマンダ右とお父さんのマウセイロそしてバーバラです。

遠くフェルナンドポリスから親戚も駆けつけていました。コロナで毎年の新年の集まりが延期になっていたので丸2年あっていなかったので懐かしかったです。

豪華な別荘の様子は動画でたくさん紹介しています。どうぞご覧ください。



チャンネル登録、いいねをよろしくお願いいたします。

「ブラジル・シュウちゃんねる」


2021/12/25

ブラジルのハチドリとお花 (写真)

歳をとると若い頃より鳥花が綺麗に見えるのでしょうか? 以前はほぼ興味がなかったのですが、ふと庭を見ると鳥や花が偉く美しく見える瞬間があって、つい携帯を取り出して撮影します。


お寺の軒先にハチドリが巣を作っています。年に3−4回子供を産みます。

年々懐いてきているような気がするのですが、ハチドリは何年生きるのかな?

毎年違うハチドリが来ていると思っていたのですが、もしかしたら同じ個体なのかもしれません。


 ホバリングをしてこちらを見ている姿は気高く神々しくて神の鳥と言われるのがわかるような気がします。




拡大してみました。









指を刺したときはもう違う場所にいます。







お寺の軒下に巣を作っています。ちょうど本堂の裏の出入り口なのです。



ここが出入り口です。


朝のお参りの時に挨拶をしてくれます。もしかしたら巣があるので警戒しているだけかもしれません。

お寺の庭の花も綺麗に咲きます。妻のファビアが毎日欠かさず世話をしているからだと思います。






この提灯のようなお花も綺麗です風に揺れて上下左右に優雅に揺れます。





このフェニックスのような花もお寺ですくすくと育ってくれているので、仏花に使っています。
以上今回はお寺におとづれる鳥、ハチドリやお花を紹介させてもらいました。


動画にもまとめてますのでご覧ください。


チャンネル登録、いいねをよろしくお願いいたします。

「ブラジル・シュウちゃんねる」



2021/11/15

ブラジルの難しい郵便事情 日本の友人からピップエレキバンが届いた話 ー 夕方散歩 ーマリリアの夕焼け (写真と動画あり) 

みなさんお元気ですか?

ブラジルの郵便事情


 日本の友人から素敵な贈り物が届きました。メインはピップエレキバンなんですが、他にもブラジルでは貴重な日本のものが入っていて嬉しかったです。ありがとうございます!
 
 ブラジルでも永谷園のお茶漬けとか売っているのですが、すべて3倍くらいの値段になります。とってもありがたいですね。ピップエレキバンは流石にブラジルでもないかもしれません。孫のニコラスのおやつまで入っていて気持ちがなおさら嬉しかったです。動画でも行っていますがブラジルの郵便事情はあまり良くないので長く待つのは当たり前になっていましたが、6月末に送ってくれて届いたのが11月です。
 しかもサンパウロについておき止めになっていました。その理由が税金を支払わなければ届けないということで、普通ならその通知が届くのですがズーーーとそのまま置いておかれたのです。ブラジルではある一定の商品は輸入税を課せられることがあります。それも気まぐれなことが多く、何にいくら課税されたのかは書いてありませんでした。なんとなくテキトーに郵便に記入してある値段を見て課税しているような気がします・・・・・ (泣) 約270レアルくらい取られました。

 しかし日本から愛のこもった品が届くのは嬉しいことです!送ってくださった友人はブラジルで出会った日本人です。ブラジルに来なかったら会えなかった貴重な出会いの一つです。彼女は当初ブラジルで苦労したのですが最後はブラジルトヨタの副社長第一秘書にまでなった人です。いつも明るくって、とっても面白い個性豊かな女性で、縁があってその後日本での結婚式にも参加することができました。思い出深い人の一人で、今でも交流があるのは嬉しいことです。
動画でも話しているので見てください。

 


先日風邪をひきました。



たいした風邪ではなかったのでよかったです。だいぶ回復したので、夕方散歩をしました。夕焼けが美しくって散歩して心洗われました。




やっぱり無理のない程度で散歩するのはいいですね! ブラジルの自然に癒されました。それではまたお会いしましょう! 来年は日本に行きたいな!




 動画をご覧ください


「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓


いま、注目の投稿はこちら

「世のいのり」とは民衆の悲鳴である 中日新聞コラムより 尾畑文正 ブラジル・ポルトガル語翻訳付き

 今週のことば 尾畑文正 念仏をふかくたのみて、世のいのりにこころいれて、もうしあわせたまうべし 『親鸞聖人御消息集』  親鸞がこの手紙で記す「世のいのり」とは民衆の悲鳴である。その悲しみに心入れて念仏申し合おうという。親鸞がいう念仏は全てを救...

人気の投稿はこちら