ラベル 宇宙 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 宇宙 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020/05/31

感激! アメリカの久々の有人飛行を生中継で! WATCH LIVE: SpaceX's 1st astronaut mission! Crew Dragon

やりました! 無事飛びましたね! 第1段ロケットも無事着陸しましたし、あとはドッキングだけです!私に限らず子供の頃から宇宙に憧れている人はたくさんいると思います。
1967年生まれの私は、子供の頃アポロ計画の話や写真に大興奮! 未来はこうなる!などの特集を目を輝かせながらみていました。 実際はなかなかそういう時代は来ないままなのかな?
と思ってた矢先に現れたのがイーロン・マスクです。




 Appleのスティーブ・ジョブス亡き後いよいよ未来のテクノロジーを切り開く先駆者がいなくなって寂しい思いをしていたときに現れました!
 彼を最初に知ったのは電気自動車のテスラ・モーターズの登場の時です。ネットでその情報を見て最初はまた派手に未来を語ってポシャるのかな? と半信半疑でしたが今ではどんどん素晴らしい電気自動車を作り続けています。 空は飛びませんが今度のサイバートラックは少しの間なら水に沈んでも動くそうです。😁
 そして車だけでなく、ソーラー発電事業でソーラーパネルや蓄電池システム、瓦タイプのソーラーパネルなどユニークなことをしています。トンネルを掘って渋滞を避けることができる道路を作るり、その上でロケットを飛ばしているのです! 一つの事業でも一生のうちにできたらすごいのに、彼はスーパーマンですね。

まさに僕らの想像していたけれど諦めかけていた未来のテクノロジーや宇宙への興味をもう一度開いてくれました。

今でも(2020-05-30現在)中継をしていますので御覧ください。たぶんこのままアーカイブにも残ると思います。

 

どうですか?ワクワクしますね! 今までとは違いイーロン・マスクの計画では更に大きなロケットを飛ばしたり、その頻度もどんどん上げていくそうです。

彼の場合、宇宙に行くだけでなく例えばここブラジルから日本へのロケットを飛ばすという計画も立てています。それがなんと!2022年以降に長距離旅客輸送に進出すると発表。最高時速2万7千キロメートルで一時的に宇宙空間を通過し、地球上の主要都市を30分程度で結ぶ。海外旅行と数分間の宇宙旅行が同時に可能になる。価格は未定。地球での旅客輸送で需要を確保し、量産と再利用によりコストを大幅に下げる。とのことです。
 例えば飛行機だと15時間程度かかるニューヨーク―上海間(約1万2千キロメートル)を39分で結ぶ計画。ロサンゼルス―ニューヨークは25分、東京とアジアの主要都市を30分前後で移動できるという。地球上のどこでも1時間以内に行けるようになる。大都市の沿岸に小規模な海上発着台を建設する。 とのことですよ! 値段も将来はエコノミーくらすくらいまで下げると言っています。 ブラジルと日本はトランジットも入れれば30時間です! 最初の頃は、飛行機に乗るのも珍しくって嬉しかったのですが。数回繰り返しているとかなり辛いんです。
とくにエコノミーは狭いですし。また年を重ねるとなおさらなんです。


2001年未来の旅のような。
子供の頃憧れていた世界がまた戻ってきたように思います。止まっていたときが動き出したような気がします。長生きをしてロケットに乗る子供の頃の夢を実現したいなー 料金が安くなるときまで生き抜かなければ!
 子供の頃の記事では月や火星にとっくに人類は進出し、火星人にあったり、そこまで行かなくても様々な生物を発見しているはずでした。地球には静かに空を飛ぶ飛行機や、チューブ型の線路を今でいうリニアモーターの電車がカッコよく走っているのでした。
しかし、私が20歳になり30歳になり年を経るごとにその夢は萎んでいったように思います。

 
 車は進化せず、ロケットはスペースシャトルの時代まではワクワクしましたが事故によって幕を閉じました。いまだに月に観光に行けないし、火星人との交流もありません。かってワクワクしたソニー製品やオーディオにも興味を失っていたのですが、そこに登場したのが
スヒーブジョブス、iMac そしてiPod / iPhoneの革命的な時代でした。それで通信もオーディオの世界もインタネットの世界もどんどん変わりましたよね? 
その革命児スティーブ・ジョブスが亡くなってがっくりしていたときに現れたのがイーロン・マスクなんですね! 今は彼の製品は一つも持てないですが、今このブログを書いているMACも昔は弁護士か医者しか買えないと言われていた頃がありました。
 将来は全自動運転の電気自動車に乗りたいものです。そして、宇宙へも。。。

久しぶりに興奮してテレビ(You Tubeですが)にかじりつきました。
ありがとう。


お寺に教会(カトリック)式のローソク風防(風よけ)donzela[dõ ́zɛla](ドンゼーラ) を導入しました

 ここマリリア市のお寺は600メートルほどの高地に位置することもあり普段から風がよく吹く街です。暑い日などはお寺の窓を全開にして、天井の扇風機も回すと 参詣席のお焼香をする場所にある蝋燭立てが風で消えてしまうので風防(風よけ)を買いました。 実は7年前にこのお寺にきたときは風よけ...