ラベル 役立つ話 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 役立つ話 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022/03/16

「ロシア連邦のウクライナ侵攻に関する声明」"Manifesto contra a Invasão Russa na Ucrânia" "Statement of opposition to the Russian Invasion of Ukraine"

 ロシア連邦のウクライナ侵攻に関する声明

 私たち真宗大谷派は、このたびのロシア連邦のウクライナに対する侵攻をはじめとして、あらゆる武力行使に対して反対の意を表明します。
また現在、恐怖と悲しみの中にいる多くの人々に平和が取り戻されることを強く望みます。
 私たちは、先の大戦において国家体制に追従し、戦争に積極的に協力して、多くの人々を死地に送り出した歴史をもっています。その過ちを深く慙愧する教団として、1995年の『不戦決議』において、「すべての戦闘行為の否定」とともに、「民族・言語・文化・宗教の相違を超えて、戦争を許さない、豊かで平和な国際社会の建設に向けて、すべての人々と歩みをともにする」ことを誓いました。
 このたびの国家間の問題のみならず、世界にはミャンマーをはじめとした、今なお武力による衝突や弾圧の続く国や地域があります。あらためて、 すべての武力行使に対して反対の意を表するとともに、一日も早く安穏なる日々が訪れることを願います。

2022年3月1日
真宗大谷派(東本願寺)宗務総長 木 越 渉


Manifesto contra a Invasão Russa na Ucrânia

 Nós, da Ordem Ōtani do Budismo Shin da Terra Pura, abominamos todas as formas de uso da força e da violência, incluindo a recente invasão da Ucrânia pela Rússia.
Reivindicamos fortemente que a paz seja restaurada para as pessoas acuadas, onde são obrigadas a viver com o medo e a tristeza que pairam no centro desta crise.
 Na história da nossa Ordem carregamos o grande fardo de ter seguido o sistema governamental, cooperando ativamente em guerras no passado, o qual significou ter enviado muitas pessoas à morte.
Por ser uma comunidade religiosa que lamenta profundamente os erros, em 1995 estabelecemos o juramento de Declaração contra Guerras, para não incorrer em outros erros e se opor a qualquer ato de violência. Da mesma forma, expressamos os nossos propósitos de estabelecer uma sociedade de convívio pacífico transcendendo as diferenças de etnia, idioma, cultura e religião.
 No nosso desejo de construir o convívio respeitoso entre as pessoas do mundo , além dos conflitos entre nações anteriormente citados, lembramos que em várias regiões do mundo a exemplo de Mianmar, o uso de forças ainda impera.
Manifestamos nossa total oposição à violência.
Desejamos o restabecimento da paz e harmonia o mais rápido possível.

Wataru Kigoshi
Secretário-Geral do Santuário Central da Ordem Ōtani- Higashi Honganji, Quioto, Japão
01 de março de 2022

Statement of opposition to the Russian Invasion of Ukraine

Bishop Wataru Kigoshi
Chief Administrator, Shinshū Ōtani-ha March 1, 2022

    We, the Shinshū Ōtani-ha, hereby express our opposition to any use of armed force, such as what we have seen in the military invasion of Ukraine by the Russian Federation. At the same time, we sincerely wish this conflict ends and that peace returns, especially for the innocent victims who have been plunged into the depths of fear and sorrow.

    Our organization has a negative history of blindly following the policy of the Japanese government during World War II, voluntarily cooperating with the war by pushing many people to the battlefields. We, as Buddhists who have sincerely repented the mistakes we made in wartime, officially adopted in 1995 a “No-more-war Resolution.” Through this resolution, we made a pledge “to disavow all acts of military aggression” and “to work together with all peoples toward realizing a happy and peaceful international community that no longer permits war, transcending all ethnic, linguistic, cultural, and religious differences.”

    In our world today, many people in different countries and regions also have suffered from military conflicts and oppression, such as the people in Myanmar. Now, we once again strongly state our opposition to all acts of military aggression and express our dearest hope we can achieve world peace as soon as possible.


植木徹誠(ウエキテツジョウ)…浄土真宗僧侶。戦時下に反戦 反差別を説き、4年間投獄。あの「スーダラ節」の植木等の父。

植木徹誠の名言
「元来宗教家は戦争に反対すべきものである。」
「戦争というものは集団殺人だ。それに加担させられることになったわけだから、なるべく戦地では弾のこないような所を選ぶように。周りから、あの野郎は卑怯だとかなんだとか言われたって、絶対、死んじゃだめだぞ。必ず生きて帰ってこい。死んじゃっちゃあ、年を取った親父やお袋はどうなる。それからなるべく相手も殺すな。(※出征する若者に語った言葉)」





「ブラジル・シュウちゃんねる」

2022/03/12

当事者から生の声が聞ける。ロシアの日常がわかるYouTube ウクライナを祖国に持つ Youtuberの 二つ紹介します

  たまにおすすめのYouTubeを紹介していますが、今回はロシアで現地の人と結婚をして生活をしている日本人の森翔吾(YouTube名です)

 最初はたまたまルーブルが暴落していくので車を買ったというサムネールだったので、あまり興味がなかったのですが、ちょっと見てみたら引き込まれてその他のも見たら非常に面白かったし、現在の情勢を知れてずっと見てしまいました。

 ネット情報を持っている人と持ってない人で今回の戦争に対する対処の仕方が同じロシアに住んでいても全く違うようです。

 また戦争以前の動画も面白く、ロシアの以前の日常の物価などもわかって面白いです。肉が1キロ1ルーブル=1円! というのにも驚きました。ブラジルもお肉は日本に比べたら安いのですが、ロシアは安すぎです! 他の日常の食べ物も安いです。また冬は冷蔵庫入らずという考えたらそうかもと思うことも映像を見ながら解説されると納得します。

 当たり前のことですがロシアの住民は全く悪くありません。日本でも海外でもロシア人を誹謗したり、レストランなどを攻撃する心無い人の報道がありますが、こういうロシアの日常を見ることによってそのような愚かな心が起こる事に対処できると思います。

 動画を見るとわかりますが、この発信者は裕福な方ですが、日常の撮影も多く、いろいろ大変なことが起こっていることもわかります。 是非ご覧ください。

車を買いに行く動画、注文して4時間でお持ち帰りしています。!後編では数日で倍近くの値段になったことも報告されています。

【前編】【複雑すぎる心境】ロシアの通貨ルーブルが「紙クズ」になる前に仕方なく結局、スバル・フォレスターを買う



ロシアから外資系のお店が販売中止していますが、ユニクロに行列ができている場面に驚きました。

マック、IKEA、ナイキ、H&M・・・、超有名外国企業が次々にロシア事業停止、撤退。モスクワのショッピングモールが異常事態に・・・




【市場の現状】ロシア第5の都市・カザン

この動画でいわゆる市場の値段などがわかります。ブラジルの市場と比べても非常に安く感じますが、それでも経済制裁後の様子です。



もう一つは日本に住んでいるウクライナが母国の若い二人組の

SAWAYAN CHANNEL / サワヤン チャンネル です。

これは痛ましいのですが、それはわたしも何度か元気いっぱいのヤンチャな二人の動画を見ていたので余計い悲しいです。 心無い中傷の書き込みをする人がいるということで非常に残念です。しかし二人の若者がしっかりそういう書き込みがいかに悪いことかを強く言っているので、見てほしいです。
 悪ふざけとしてもこのように母国が酷い目にあっている人に絶対に誹謗中傷をしてはいけないのです。その気持ちが集まって酷い戦争が起こっているのですから。
 いじめにしても最初はちょっとしたジョークや悪ふざけで起こっています。軽い冗談のつもりでの言葉が引き起こす悲惨な状況を知ったら、そういう思いも消えると思ってシェアします。


テレビ局の取材にて僕たちが思っていることを全て話しました




和とは不和なり、不和の悲しみなり

正義は平和をもたらしません。自分の過ち(不和)その悲しみに思い至る時に和が双方から立ち上がるのです。
恐れや、怒りは実際を知らないことからも起こります。
個人初のYouTubeの情報は有益だと思います。

「ブラジル・シュウちゃんねる」


2022/02/19

(動画)youtube自撮りLEDスマホ・リングライトスタンド  モバイルを初めて買ってすごくよかった! 電源は携帯用の補助バッテリーが便利!

買って使ってみてすごくよかった!

「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓


 YouTube用のライトスタンドを思い切って買ってみました!電源はモバイル・バッテリーが便利だということも大きな発見でした。

いままではYouTubeを撮影するのにいつも車載用の携帯フォルダーを使っていました。写真のような感じで。お菓子の缶に付けて利用していました。数年これでやっていたのですが、どうしても高さが出ず、わたしが見下ろす感じで映ってしまうので、良くないかな? と思っていましたが別のものを買うほどではないだろうという決断をしていました。


買う一番の動機


 ある日ファビアの親戚の誕生日で娘さんが使っているのをみて、いいかも!と思ったのです。高さの調節ができるのがやっぱり素晴らしい!と思ったのです。
それでも買うのに六ヶ月迷いました。自分はそんなすごいユーチューバーもないし、お金が惜しかったのです!180レアルは現在の日本円で4000円です。ブラジルに住んでいるわたしの感覚ではすごく高い買い物なのです。

 動画でも語っていますが、ネット上では半額以下のものも出回っていましたが、その品質が心配だったので買う気になれませんでした。そこでここマリリアの街にある格安のお店に直接行って何度も触って結局買ったのです。
わたしが住んでいる場所から近く、ネットと同じくらいのお得な値段で売っています。品質も良く、壊れたこともありません。むしろ有名量販店の方より品質はいいと感じています。
下記に住所あります。



 残念ながら一緒に買った電源をUSB接続にする変換アダプターが初期不良でしたが、持って行ったら快く交換してくれました。またこの経験のおかげでいい使い方を発見したのです。それは下に書いています。
 

買ってみて無茶苦茶よかった!

 買ってみて、その品質の良さと使い勝手の良さに感動しました。しっかりした素材で長持ちしそうです。思った通り高さも的確に調整できますし、方角の変更もスムースになりバタバタしなくなりました。ライトも3種類の色味があり、さらに十段階光の強さを調節できます。別に顔が売りでもなんでもないし、わたしの瞳に丸い光が宿ってもだれも得しないのでライトがなくて安いのが欲しいと思っていましたが、光があるだけで顔やその場の状況がガラリと変わって映るのにびっくりしました。物撮りにも良さそうです。
 動画でもそのテストをしているのでご覧ください。

電源問題、災い転じて福となる

 買った時は電源を延長コンセントとUSB変換に差し込んで使おうとアダプターも一緒に買ったのですが、なんとそれが初期不良品だったのです。それでふと目の前にある、モバイルバッテリーを使ってみたら問題なく使えるではないですか! これなら撮影場所も選びません。移動も楽です。電源アダプターが初期不良だったおかげで翌日返品して、無駄なお金も払わずに済みました。しかし、わたしのモバイルバッテリーは主に妻のファビアが使っていたので 急遽モバ入りバッテリーを買いました。ブラジルで買ったのは初めてだったのですが、日本と変わらない値段わたしが買ったのは80レアル・1600円くらいで売っていました。現在のわたしのより薄くて小さい上に品質も遜色ありません。まあ、わたしのは5年前の商品ですから技術の進歩にびっくりです。結論ですが・・・・・

もっと早く買うべき商品でした

 現在毎日朝のユーチューブ生放送で使っていますが、とても満足しています。毎日使うものですし、使用感もいいので。すごく気に入っています。もっと早く買っておくんだった! と思わせられるほどいい商品でした。

現在
「ブラジルさんぽ」用に手取り棒も買おうかな?と最近思っている次第ですが、道端で手取り棒で撮影していると流石にやばいかな? とまた踏み切れずにいる今日この頃です。


おまけ
Bluetooth接続リモコン


 これはついていることを知らずに買ったので、まさにオマケをもらった感じでした。Bluetooth接続ができるリモコンがついていました。これで動画のオンオフ、シャッターももちろん使いこなすことができます。集合写真とか遠い場所からの撮影に威力を発揮します。意外に便利で今後活躍しそうです。






もう2週間以上使っていますが、買ってよかったと思っています。


ネット上にはいろんな種類のがあって、値段も様々です。耐久性がどうなのか?

それでわしはお店で確認して書いました。180レアルしたと思います。

一応リンク貼っておきますが、わたしが買ったものとは違うかもしれません。


Kit Completo Ring Light 14" 35cm com Tripé grande profissional

https://amzn.to/3HWxBEG



マリリアのお店

https://goo.gl/maps/8ib729czB63fWri66


R. São Luiz, 982 - Centro, Marília - SP, 17500-002

+5514996008680

https://www.crazyhass.com.br/



「ブラジル・シュウちゃんねる」

2022/02/13

サンパウロ別院の2月号にマリリアのお寺の記事が掲載されました

  今回はサンパウロ別院から毎月発行されている「別院だより」にお願いされた記事が掲載されたので紹介します。




わたしも別院にいた頃はこのお便りを作っていました。わたしが来る以前はご門徒が作っていて、そのお仕事がわたしに回ってきたのです。何故かわたしは大学時代から雑誌を作る係になることが多かったな・・・・

 大学時代は原稿を集めて印刷に届けるだけでした、校正も編集もやってませんでしたが、原稿集めって締め切りを守らない人もいて大変でした。このわたしが締め切りを守れない代表格でしたが・・・・・・

 石川県の小松時代は難波別院の「南御堂」という有名な新聞を作っていた元編集長の先輩がいたり、もと朝日新聞の編集部にいた人が新聞を作っていたりして鍛えられました。とはいえ、正式な何かを習得したのではないので悪しからず・・・・ よくダメ出しを食らったという意味です。

現在は編集ソフトもよくなり、作りやすくなりましたね!フォーマットもたくさんあるし、しかしわたし自身ここマリリアに来て数回新聞を出しましたが、長続きせず今に至ってます。今年こそはまた再開したいと思っています。あとホームページを作るという目標もありますが、よく考えたらこのブログの一部にページを作ればいいのだ!ということに気がつきました。やってみます。

今回はわたしがマリリアで学んだことなどが書いてあります。ぜひご覧ください。

以下からPDFをダウンロードできます。ポルトガル語と日本語で書いてあるのでぜひご覧ください。他にもブラジルのサンパウロ市のお寺の様子もわかるのでぜひご覧ください。

PDFの全文ダウンロードはこちらのリンクから


以下は別院だよりの一文です。

連載記事【対話】


 今回はマリリア真宗本願寺駐在の泉原秀開教使の登場です!
 昨年の 1 月、日本に住む叔母から、「あることがきっかけで泉原さんの  YouTube(ユーチューブ)チャンネルを見るようになったよ」という、連絡が届きました。私は驚くと同時に、このような人と人との出遇い方があるのだなあと、とってもワクワクしました。
「泉原さんが動画で紹介されていたんです」と、別院で本を買う方がいたり、「普段はマリリアのお寺に通っています」という母娘が、別院に見学に来られたり、ということもあって、「泉原さんは、どんなことをしているんだろう?」と、私は気になり始めたのです。
「私一人だけが教えてもらうのは勿体ない!」ということで、今回別院だよりに記事を書いて頂きました。是非ご一読ください! (佐々木 環)

DIÁLOGOS


Nesta edição temos a participação do Rev. Shu Izuhara, do Templo de Marília! Em janeiro do ano passado, recebi uma mensagem da minha tia do Japão que dizia acompanhar o canal do Rev. Izuhara através do YouTube. Ao mesmo tempo que fiquei tomada pela surpresa, senti uma grande euforia por perceber as formas de conexão e o encontro entre as pessoas.
E também, algumas pessoas vinham comprar livros indicados pelo Rev. Izuhara através dos vídeos; duas pessoas, mãe e filha, que são frequentadoras do Templo de Marília, vieram conhecer o Betsuin; e assim, foi desperta a minha curiosidade sobre a atuação do Rev.Izuhara.
Senti que era um desperdício não compartilhar com vocês as minhas descobertas. E assim, pedi para que ele escrevesse no Comunicado Mensal deste mês. Espero que apreciem! (Tamaki Sasaki)

「ブラジル・シュウちゃんねる」

2022/02/07

「鬼は外 だから世間は鬼だらけ」(ポルトガル語翻訳付き)

 フェースブックから引用しました。

ここのブログでも何度も登場している、ブラジルにもおいでになっている尾畑文正先生の掲示板です。

 日本では節分はメジャーな行事なので、ブラジルでこの話をするのはかなりまどろっこしくなりますが、魔を払う、邪を払うという宗教や考え方はどこの国にもありますからわかってもらえます。

 自分に不都合なことを勘違いし敵対視して払おうとすると逆にその思念が鬼を作ってしまうというのですが、この事実を節分の豆まきの行事は教えてくれていると思います。

 実は日本各地で「鬼はうち 福はうち」ととなえる豆まきの行事があります。理由は様々ですが、その根っこにあるのは全ての人が幸福になる世界を願う心だと思います。


以下は尾畑先生のフェースブックの言葉です


鬼は外

だから世間は鬼だらけ


                                        毎日新聞より



どこまでも悪いのは他人、他国。

自分と自国のあやまちは見えない。

そこでもう一つ。

鬼は私のうちに棲む



ここからはわたしがDeepL翻訳アプリを利用してポルトガル語にしたものです。



O diabo está fora

Então o mundo está cheio de demônios


                                                        Jornal Mainichi  



São outras pessoas e outros países que são ruins em todos os lugares.

Não podemos ver nossa própria culpa e a culpa de nosso próprio país.


Portanto, mais uma coisa.

O demônio vive em mim.



【笑・いい話】まんが日本昔ばなし「節分の鬼」(高画質)





「ブラジル・シュウちゃんねる」

いま、注目の投稿はこちら

尾畑文正 中日新聞文化面より 今週の言葉 チェルノブイリ カテリーナさん 戦争と平和「 仏陀が説く「兵戈無用(兵隊と武器は必要ない)」に心入れ戦争反対の声をあげ続けたい。」

  中日新聞 文化面 より 今週のことば 尾畑 文正 仏の遊履(ゆうり)したまうところの国邑丘聚(こくおうくじゅ)、化を蒙(こうぶ)らざるはなし。天下和順し日月清明にして、風雨時をもってし災厲(さいれい)起こらず。国豊かに民安し。兵戈(ひょうが)用いることなし。         ...

人気の投稿はこちら