ラベル youtube の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル youtube の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/07/30

ブラジルのお寺もインターネット配信の波が。時と場所を超えて会える

ブラジルのお寺もネット時代がやってきた

マリリア真宗本願寺


私はブラジルのマリリア市のお寺に来て8年目になります。その前は6年間サンパウロ氏のお寺にいました。

私自身はコンピューターとかインターネットとか新しいものが好きなので、ブラジルに来る前からお寺の様子をインターネットで配信していましたが、コロナ騒動が始まってからは、インターネットに批判的だった人までネット配信に力を入れるような時代になってきました。

今回は私が兼務しているバウル市のバウル南米本願寺の28日の親鸞聖人のご命日の様子です。これは地元のお寺の会議でネット配信をしようと決定されて行っています。それまではお寺に来る人数人でお勤めしていました。コロナ前も集まる人数は少なかったのですがコロナになってからは激減!一時期はもう法要自体をやめようか?という話にもなったのですが、続いてきました。先月の会議で会長のアイルトンがWhatsAppグループを作ってそこに法事の映像を流せばコロナが怖くてお寺に来ることができない人も参加できるということで始めることになりました。


SMSのメリットは時間や場所を超えて出会えること


WhatsAppとはブラジルで主流の日本でいるところのLINEのようなアプリです。ブラジルではフェースブックと同じくらいかそれ以上に使っている人は多いと思います。お寺の会員の平均年齢は高いですが、多くの人が使っているのです。そこに録画した動画をYouTubeにアップしてリンクをシェアしています。閲覧するのは今のところ20人から50人程度ですが、もしお寺に20人50人の人が来るということになればそれは多いのです。 普段のリアルの人数は5人ですから数倍の人数になります。

 さらに時間を気にせず閲覧しますし、何度でも見ることができます。実際に会えないのが残念ですが、これをきっかけに実際にお寺に行こうと思う人も出てくると思います。

実際今日はここマリリアのお寺にリオ在住の方が見学においでになりましたよ。これも私が地元ママリアのお寺でも毎日YouTubeに配信したり、フェースブックやGoogleマップにも、お寺の情報を流しているので興味のある人が検索して問い合わせてくださるのです。

というわけで模索しながら配信の内容なども考えていきたいと思っています。是非ご覧ください。

 


「ブラジル・シュウちゃんねる」





Google mapa https://goo.gl/maps/Vy3byseZagNmqXSf8 Templo Nambei Honganji de Bauru Av. Castelo Branco, 7-50 Vila Independência Bauru SP CEP 17052-000 Responsável: Rev. Shu Izuhara (14) 99731-5598 Contatos: Sra Fábia (14) 98834-9950 Ritos mensais e palestras, confira nosso calendário.

バウル南米本願寺

2021/07/26

ブラジルのお寺でサボテン市 たくさんの人出にびっくり 

お寺でサボテン市が開催されました。 

 70年のお寺の歴史でサボテン市の開催は初めてだそうです。この催しは場所をお貸ししただけで、お寺の主催ではありません。それにしてもコロナの影響もものとぜずたくさんの来客にびっくりしました。みなさん箱買いするんですよ!いわゆる大人買いです。若い人も数人来て箱買いをしていました。



 主催者の中島さんのお話を聞くと、普段はマリリアのフェイラ(朝市で道を封鎖して行われる市場)サボテン売りをしているそうです。今回は雨が降っても大丈夫な場所を探してお寺においでになったそうです。チラシも配ってないしフェースブックやブラジルの主流のSNS WhatsAppを使って少し宣伝したくらいなのですが。朝の9時から夕方の4時まで、延べ200人くらいの人出になったのではないでしょうか?もちろん消毒、マスク、密にならないように規則を守りました。



30人以下の入場で入れ替わり方式での催しでした。


お父さんから受け継いだ商売のコツ 

主催の中島さんのお父さんも商売人だったそうですが、「一俵のお米を売って10稼ぐよりも二俵の米を安く売って10稼ぐ方が人に喜ばれるし自分も豊かになる」という教えを実行してよくそのようにお話しされていたそうです。だから自分も安くたくさん売って喜んでもらいたいとおっしゃっていて感動しました。
 中島さん自体は定年退職をして趣味でサボテンを集め、栽培していたそうです。そのうち多くなってくるサボテンを友人にあげていたら評判になり、売って欲しいという人が増えて安く売るようになったのが始まりのようです。
 サボテンを売って生計を立てている仲間たちを助けつつサボテンを通してコミュニティを広げている姿に心を打たれました。

 お寺が、先のうどんまつりに引き続きにぎわって嬉しかったです。 孫のニコラスも興味津々でした。おばあちゃんに一鉢選んでもらって大満足!




「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓

お寺でのうどんまつりの様子はこちら https://www.brasilsanpo.com/2021/07/2021710.html


2021/07/24

ニコラスが生まれて初めてのお盆参り ブラジルのマリリア市真宗本願寺にて   2021年7月23日 ​ @Shu channel・ブラジルのシュウちゃんねる

 ニコラスが生まれて初めてのお盆参り ブラジルのマリリア市真宗本願寺にて 2021年7月23日 ​

初孫のニコラスは時々お寺に遊びに来ます。来たらいつも真っ先に本堂にお参りに行くのです。おばあちゃんのファビアがそう仕向けたという面もありますが、近頃は自分から本堂に向かうようになりました。仏様がキラキラ光っているのが珍しいのかもしれませんね。でも、眺めるだけでなくお焼香をして合掌をします。まだはっきりとは言葉にできないですが「なまんだぶ!」とおばあちゃんと言っています。

お盆の提灯に大喜び!
ちょうど8月のお盆の時期の提灯が飾ってあったので大喜び!あまりの喜びようにこちらまで笑みが溢れます。ニコラスにとって初めてのお盆でした! 
ニコラスが何度も見上げるので私もそれにつられて見上げると新鮮な気分になりました。子供の頃兄と実家のお盆の時期、灯篭売りのお手伝いしていた頃を思い出しました。新鮮な気持ちと、懐かしさを同時に思い出させてくれるニコラスです。
コロナの時期で、今年も盆踊りは中止です。寂しいお盆法要になりそうですが束の間ですがお寺が賑やかになりました。

8月中は本堂に提灯を飾っていますので是非お参りください。毎朝7:30に勤行と感話をしています。youtubeでも中継していますのでご覧ください。アーカイブもとってあります。





「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓




2021/07/22

日本に出稼ぎに行って本当にあった話。大村テルオさん。言葉でバカにされ、一生懸命働いて認められ、優しくもされ、でも、時には妬まれた。すべてがいい経験だった。マリリア真宗本願寺 建立70周年 インタビュー

マリリア真宗本願寺 建立70周年 インタビュー 大村テルオさん



テルオさんは私が務めているブラジルのマリリア市に建立されているお寺のご門徒です。お寺の毎月の理事会や催し物がある時には必ずお手伝いに来てくださいます。

人気のカラオケ

 動画でも少し話していますが、その他に、これも毎月、カラオケの音源や歌詞を求めてお寺においでになっています。 日系社会ではカラオケが大人気で、そのなかでも演歌が人気です。NHKののど自慢でも時々ブラジル出身のプロ級の人が登場しますが、それはブラジルのカラオケ大会で勝ち抜いた人が出ているのです。 ちょっと古いですが「マルシア」もブラジル出身です。

つまり、ブラジルでは心血をあげてカラオケに熱中する人は多くいます。マリリアにもカラオケ大好きで、プロ級に上手い人がたくさんおいでになります。 この2−3年前からカラオケを歌い始めた大村さんは熱心に次々と新しい歌に挑戦しています。 その際、歌詞が日本語の表記のままだと読めないため。ローマ字に直して欲しい、とか、楽曲をネット上からダウンロードしてCDにコピーして欲しいとの依頼で毎月おいでになるのです。

youtubeに登場!

その際いろいろ会話をしながら作業をするのですが、ふとこの大村さんの話をシェアしたら、ブラジルの日系人の今や昔を皆さんに届けることができるのではないか?と思いつき急遽許可をとって撮影させていただくことになりました。

大村さんは演劇も趣味でやっているかたなので、語り口も上手です。是非日系ブラジル人2世ならではの、ブラジルでの経験や日本での出稼ぎの経験をお聞きください。

楽しかったり、辛かったり、優しさに触れたり、人を思いやったり。いろんな人生模様に触れることができると思います。


 



「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓




美味しいブラジルの日本の味! 孫のニコラスも呻る! 弓場農場の赤味噌、豆板醤、食べる胡麻ラー油、福神漬けを紹介! 


弓場農場にはクリスマス公演に妻のファビアと行ったのがいい思い出です。
その他には知り合いを弓場農場に紹介して寄ったのが一度あります。
弓場農場は宿泊して現地の農業体験をすることもできます。私たちはしませんでしたが同じ日に数人ののバックパッカーが泊まっていて、朝早く農作業の手伝いをしていました。
宿泊代金は農作業をすれば割引で譬へ作業をしなくても50レアル(千円)くらいだったと思います。しかし、掃除やご飯の支度やテーブルを拭いたりなどは積極的に関わって生活を共にするのが弓場農場の楽しみ方のようです。
詳しくはホームページをご覧ください。

写真の味噌や、福神漬け、食べる辣油、豆板醤はどれも手作りで弓場農場のの大地で育ったものです。おいしいですよ! 


弓場農場のホームページです http://brasil-ya.com/yuba/news/news.html 所在地Googleマップです https://goo.gl/maps/nqFhY8vgAJZqANKU8 弓場農場の娘さん、アグネスさんがマリリアで日本語学校の先生をしているご縁もあって、個人的に味噌などが手に入るようになりました!嬉しいです!先生声をかけてくださってありがとうございます。
ネット販売で全国展開したらかなり売れると思いますが大量生産式ではないので難しいでしょうね。 現在は(2021/07/20)コロナで入園できませんが、コロナ騒動が終われば日帰りをして現地の自然の中で作られた食べ物を買って帰ることもできます。 是非一度おいでください。



「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara


2021/07/20

6万キロ走った! 愛車Toyota Etios ブラジルのブリヂストンタイヤをファイヤーストーンに履き替える。

 ブラジルは広い!そしてでかい!

日本より。。。 いや世界的に見てもですね。

ですから僧侶のお参りする範囲もひろいのです。私がブラジルに来て最初に買った車はマーチの中古車、これは3年くらいで買い替えました。なぜならここマリリア市から350キロ先のお参りを月に数回行く必要が生じたからです。往復700キロ。。。。それを月に数回ですから。

どんだけ運転しても大丈夫!

という方もいますが、私は狭い?日本にいるときでも運転が苦手で、すぐに眠たくなるのでなる体質なので避けていました。それでも学生の時は50ccのバイクで京都から実家の広島まで帰ったり。石川県小松から実家の広島まで車で帰ったりしたことがあります。運転は楽しいのですが、しかしやはり眠たくなるので苦手意識がありました。

しかし、ブラジルに来てから否応なく鍛えられました。いまでは以前に比べて運転も平気になってきました。

とはいえマーチはいわゆる重ステで手動のうえエンジンも不調に陥っていたので、今はブラジルではもう販売していない、トヨタの世界戦略車エチオスのハッチバックを購入しました。それはオートマチック車を思い切って買いました。日本ではオートマが当たり前かもしれませんが、ブラジルではマニュアルよりオートマは値段が高いのです。 (しかし2021年の動向を見るとオートマが増えてきました。)

トヨタはブラジルでも故障がすくない良質な車として人気があります。でもちょっと他に比べて高いです。でもメンテナンス代修理が少なくて済むので長い目で見ると安いんだよという信頼性で飼われていると思います。

実際3年乗ってきて一回だけエンジンプラグが焼き切れただけで、あとは故障はなりません。プログも交換時期が来ていたのでした。(そこはトヨタのメンテナンスの時に指摘して欲しかったという思いはあります)


本題のタイヤの話

大陸のブラジルではタイヤの交換もはやくなります。私も3年で6万キロを走り交換時期になりました。価格も日本に比べて高いですが命に関わる大切な部分なので少し早めの交換をしました。 前輪二つを変えて800レアル日本円で一万六千円くらいです。15インチタイヤにしては高いのではないでしょうか?

ブラジルにもブリヂストンタイヤがありますが少し高いので、ファイヤーストーンというメーカーのにしました。

その様子を動画にしましたので是非ご覧ください。ブラジルでもブリヂストンは人気ですよ。





「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara


2021/07/19

ありがとうございます。620人分売れました! うどんまつりの様子 ブラジル マリリア市 マリリア真宗本願寺(東本願寺にて)2021年7月10日

ブラジル マリリア市 マリリア真宗本願寺(東本願寺にて)2021年7月10日


昨年はコロナの影響のため中止になった毎年恒例のうどんまつりでした。今年も開催は危ぶまれたのですが、今年はうどんのみをお持ち帰りのみで販売することで、開催の運びとなりました。

例年はお寺の会館内にテーブルを設置して座って食べながら、カラオケをし、ダンスを踊るという催しもあり。食べ物もうどん以外にお寿司やおつまみ、ビールなども販売していたのですが。ここブラジルのマリリア市では部屋の中での飲食はその場所の30〜40%の人数でしかも距離を取ってでの開催のみ認められているので、カラオケも、ダンスもできないということで。お持ち帰りのみ、そして食べ物はうどんのみでの開催となりました。







売れ行きを心配していたのですが、おかげさまで用意していた前売りチケット500枚があっという間に売れ、さらに120のチケットを追加するという大盛況ぶりでした。

調理のお手伝いもたくさんきていただきありがたかったです。コロナで大変な時なので余計にありがたく感じました。

たくさんの来場をありがとうございました。

開催後のうどんの味の評判もよく、それも嬉しかったです。ちなみに値段は25レアル、現在のレートで五百円くらいです。このボリュームで五百円はブラジルでも超お買い得です!


「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara




2021/07/15

第113回 日本人ブラジル移民追弔法要 2021年6月18日 マリリア墓地 慰霊碑前にて

 第113回 日本人ブラジル移民追弔法要 2021年6月18日 マリリア墓地 慰霊碑前にて






昨年に引き続き、今年もコロナのためにマリリア日系会館で行われる移民法要は中止になりました。しかし、お墓の慰霊碑前の午前のお勤めは行われました。

今年は西本願寺の僧侶、菅尾健太郎さんが導師を務めることになりました。かれはブラジル仏教のドキュメンタリー映画Três Joiasも撮っている異色の僧侶で、ポルトガル語も流暢に話します。

実は彼も広島出身で、誕生日の月日も私と一緒という偶然の一致があります。他のところは似てないのですが・・・・ ^_^

日本人ブラジル移民法要はブラジル日系社会で一番大切な法要と言っても過言ではないでしょう。それが今年は少人数ながらもお勤めできたことはありがたいご縁でした。

サンパウロ市にいた頃は仏教連合合同で移民法要をお勤めしていました。そして各地の慰霊碑や、拓魂碑前で法要を行っています。100年過ぎた今でも昨日のことのように先祖の苦労を述べ、感謝を捧げる姿に私自身も何度も出会ってきました。

その度にブラジル日系社会の歴史と伝統にたくさんのご苦労とたくさんの愛情のつながりが現在も脈々と受け継がれていることに感動させられてきました。

菅尾さんの法話も収録しております。ビデオ内ではポルトガル語ですがその要約を下記に記しているので読んでください。





以下 西本願寺 本派本願寺の僧侶 菅尾健太郎さんの法話の概要です。 6月18日、ブラジルでは日本人移民の日が祝われます。当時、移民として海を渡り、ブラジルの土となった私たちの両親や祖父母、曽祖父母たち祖先への敬意を示すためです。 私たちが生きることのできる時は今この現在しかありませんが、頂いた命の起源を忘れることはありません。そして移民として、ブラジル開拓の先駆者として生きた先祖たちの偉大さや彼らへの感謝の念は今更言うまでもない事でしょう。 彼らは勇気や尊厳、謙虚さ、連帯、生ける者、死せる者への敬意、真面目、献身、誠実、忍耐と知恵をもたらした人々です。 相田みつをさんの言葉を思い出します。 「尊いものは遺産ではなくて そのために流された先人の汗である」 親や家族、地域社会から受けてきた精神的、物質的遺産に思いを馳せる中で、そこから私たちは何を認識し、実践してゆくべきでしょうか。すべての親は愛情を込めて子供を育てる中で、子供が社会で貴重な役割を果たす立派な大人に成長することを願うものです。私たち一人一人は、そうした親や先祖のかけてくれる願いや希望、期待に応えてゆく必要があります。 これまで受けてきた恩恵に感謝するために、何か特別なことをする必要はありません。大切なことは一人一人、それぞれの与えられた場所で、日々御恩を思いつつ、励んでゆくことでしょう。私たちがそのように生き、歩むことができているなら、祖先たちは私たちの記憶や思い、言葉、行動の中で常に生きているのです。 マリリア市の墓地内にある慰霊塔はマリリア日本人会の日本移民50周年記念事業として設置されたものです。マリリアは勝ち組・負け組紛争が始まった場所ともいわれており、日本人同士で対立し、殺し合うといった悲劇があちこちで繰り広げられました。当時のマリリア日本人会の役員名簿には、ある年には勝ち組の人ばかりで役員が構成されたり、他の年には負け組の人たちばかりで構成されていたりと、勝ち組・負け組の対立が戦後の長きに渡ってマリリア地域の日本人たちへ及ぼした影響の深さが刻まれています。そうした苦難の経て1958年の移民50周年記念事業に慰霊塔の設営が選ばれたことを思うとき、そこには亡き先駆者を悼むと共に、日本人会、日系社会の統一、調和への願いが込められていたことが憶われます。お墓は私の命の起源と同時に行き先を教える場所です。現在の日系社会の起源を思いを馳せると同時に、今後の展望や行き先を考えてみる必要もあるでしょう。



「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara



2021/07/10

600人前‼️ ブラジル・マリリア真宗本願寺(東本願寺)うどんまつりの下準備






明日は毎年恒例のお寺のうどんまつりです。昨年はコロナの影響で中止になったのですが、今年はワクチンも30歳以上摂取しており、さらに市の条例でも座って食べるのはその場所の広さに対して30%から40パーセントくらいの人数なら大丈夫ということなので、行う運びとなりました。 しかし座って食べる場所はつくらず全部持って帰ってもらう方式(ドライブスルー方式)となりました。



しかも、いつもなら巻き寿司、お餅、コッシーニャやビールなども販売するのですが、それらはやめてうどんのみの販売となりました。これはおもに作る時に大人数を頼めないという理由からです。

昨年の4月頃から多くの日系のフェスタ(まつり)が中止になった事もあってか、ひさしぶりのうどんの販売は前売りが大盛況で当初500だったのが600にまで膨れ上がりました。
これぞお陰様です! みなさまありがとうございます。

明日は初めてのお持ち帰りのみの販売で緊張しますが、頑張りたいと思います!

ちなみにマリリア真宗本願寺婦人会のうどんの特徴は鳥の柄を使った醤油だしにあります。
すごくおいしいのですよ! 日本の方々にも食べてほしいなー

いいね、チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara













2021/06/11

研修医のアマンダにインフルエンザの予防注射をしてもらいました。 ブラジルも毎年あります

  研修医のアマンダにインフルエンザの予防注射をしてもらいました。

ブラジルに来て13年ですが黄熱病やそのほか2−3の予防接種は受けているものの(そうでないと国を跨げなかった)インフルエンザは避けていました。

 しかし昨年初孫のニコラスを迎えるにあたって、おじいちゃんも予防接種を受けないと抱かせてあげません。と半分冗談、半分本気で言われ渋々受けたのです。その効果があったのでしょう、年に4回は風邪をひいていたのに全く風邪をひかなかったのです。


孫のニコラスです。

 それで今年は自主的に受けることにしました。妻のファビアのお姉さんアライネさんはお医者さんで娘のアマンダは現在研修医なのです。それで今回は娘のアマンダに注射してもらいました。

 ブラジルは現在次々とコロナの注射を打っています。私が住んでいるここマリリア市では55歳以上までの接種が進んでいます。その注射を1日に120人もの人にうっているそうです。研修医といってももう本番さながらなんですね!それだけ打つと上手くなるはずです。

 今回の映像はインフルエンザの予防接種の様子です。ご覧ください。



アマンダです。

 アマンダはまだ若い研修医です。現場でコロナ患者が多く収容されて誰を最初に手当てするか、だれに数が限られている呼吸器を優先的に与えるかの選択の場に立たされて相当心の痛手を感じたそうです。 本当に大変な現場を経験しています。特に今はきつい時期ですが乗り越えて素晴らしいお医者さんになることを願っています。
アマンダありがとう!
ほとんど痛くなかったし、こういう予防接種の後は副作用がいつもあるのですが、今回はほぼなかったです。

「ブラジル・シュウちゃんねる」

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara





2021/05/03

youtube お勧め紹介 沖縄の粟国島 ユタの言葉と  ゴリ★オキナワ 


今日YouTubeで粟国島の旅を見ました。『洗骨』という風習があるそうです。

ユタのおばあちゃんが登場して極楽浄土という言葉会話に中でサラッとおっしゃってびっくりしました。島の中にこの世と、あの世の境があって西はあの世でお墓があるんだそうです。現地の信仰と阿弥陀仏信仰が混ざっているようです。 


浄土真宗のお寺の沖縄の歴史は結構古く、沖縄の有名な踊りエイサーは念仏踊りと沖縄の踊りがミックスされているという話も聞いたことがあります。ここブラジルでは沖縄移民の方もたくさんおいでになり、私の妻ファビアのおじいちゃん、おばあちゃんも沖縄からの移民なのです。しかも先祖にはノロ(女性の神官)がいてファビアと現地の家族に会ったときに空っぽの仏壇に祈っていました。祈りの言葉を称えると神が降りてくるから偶像は置いていないのですと禰保ヒデヒロさんが説明してくれました。

ちなみにファビアのおじいちゃんの性は上棚原でここマリリアの老人会の会長さんも棚原さんといって沖縄の方がおいでになります。沖縄には段々畑がたくさんあり、それに因んでいる名前なのかもねとおっしゃっていました。ファビアの家族に「上」の字がついているのは大正時代に日露戦争で軍人として戦った功績に「上」の字を賜ったのだとファビア自身が私に話してくれています。きっとそういうことも日系三世のファビアに伝えているのだな!と感心して聞いたので私も覚えています。

 ブラジルでの沖縄県人会の団結力はつよく、ここマリリアでも唯一残っている県人会は沖縄だけです。広い敷地を持って年に何度も大きな祭り(フェスタ)を開催しています。わたしも何度か行っていますが大きなフェスタでとても一県人会の祭りとは思えないほどの規模です。もちろんステージでは沖縄踊りも披露されます。

 日本にいた頃は沖縄といえば幼いときに父に連れて行ってもらった沖縄海洋博の思い出だけだったのですが、ブラジルに来てから沖縄文化との出会いが広がりました。

ちなみにファビアの先祖の出身地は平安座島といいます。沖縄本島から今なら橋を使っていくことができます。

たまたまみたYouTubeの動画ですが、そんなことを思い出させてくれた魅力的な内容だったのでシェアします。

どうぞお楽しみください!


こうやって時々感動した動画をシェアさせてもらいます。











ブラジルのお寺もインターネット配信の波が。時と場所を超えて会える

ブラジルのお寺もネット時代がやってきた マリリア真宗本願寺 私はブラジルのマリリア市のお寺に来て8年目になります。その前は6年間サンパウロ氏のお寺にいました。 私自身はコンピューターとかインターネットとか新しいものが好きなので、ブラジルに来る前からお寺の様子をインターネットで配信...