2020/10/09

ブラジルでオムロンの血圧計を買って早速測ってみました


 ファビアの親族は心臓の病気になる人が多いこともあり、毎年ファビアは心臓病に特化した検査を受けています。今年は50歳になったこともあって、24時間身体に電子機器をつけてモニターした結果血圧が芳しくないと医者に告げられて、家庭でモニターできる血圧計を購入しました。

最近は電池で稼働するし、コンパクトなんでびっくりしました!さらにOMRONって買いてあるので「日本製を買ったの?」とびっくりしました。もしかして日本製じゃななかったのかな?と思って調べたらやっぱり日本製でした。しかも京都が本店でした。ブラジルでは日本製の機器は基本3倍の値段で売っているので相当高かったのでは?と値段を尋ねたら200レアルでした。現在のレートでいうと4000円。あとでネットで日本での同等の機器の値段を調べてみると同じくらいだったのでさらに驚きました。

(価格com)

ファビアが血圧に問題があるらしいので血圧計を買ったのですが、測ってみると正常だったのでほっとしています。だけど二人とも50歳をすぎたし、健康に気をつけたいと思います。 ファビアが買ったサイト さらに値引きされてました。 Aparelho Medidor De Pressão Digital De Braço Hem-7122 Omron
「シュウちゃんねる」
↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shuizuhara

動画をアップした後にOMRONについて調べていたらオムロン・ブラジルの情報が出てきました。オムロンはブラジルに進出していて現地で生産をしているようです!だから安いのかもしれませんが、現地生産していても製品の質は日本より遅れていて値段は倍の日本企業の製品もありますから、オムロンブラジルは相当頑張っていると思います。
読んでいたらオムロンの企業精神に感動したので一部貼り付けます。リンク下は最後に置いておきます。

オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下、オムロン ヘルスケア)は、ブラジル連邦共和国サンパウロ州ジュンディアイ市(Jundiai市)に、ラテンアメリカ市場向けの、血圧計およびネブライザの生産工場を新設します。新工場では、ブラジル国内向け血圧計とネブライザに加えて、今後は他のラテンアメリカ諸国向け商品も生産し、拡大する同市場へのタイムリーな商品供給の体制を構築します。

ブラジルを中心としたラテンアメリカ地域では、経済成長に伴う生活水準の向上や食生活の欧米化といった生活習慣の変化に伴い、高血圧など生活習慣病患者の増加が社会的課題となっています。また、大気汚染による喘息、喫煙によるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器系疾患の患者も増加しています。

このような状況を鑑み、オムロン ヘルスケアでは、2014年にブラジルのネブライザ市場でNO.1シェアを獲得しているNS Indústria de Aparelhos Médicos Ltda.を買収し、ネブライザ事業を強化しました。また2017年には、工場内に血圧計生産ラインを新設し、ブラジル国内向けの手首式血圧計の生産を開始しました。

今回の新工場新設により、ブラジルでの生産能力を2017年の約120万台から2022年には540万台へと増強させ、ブラジルおよびラテンアメリカ市場の拡大に対応し、同市場における事業のさらなる拡大を目指します。2018.05.24

ブラジルにラテンアメリカ市場向け健康医療機器の生産工場を新設https://www.healthcare.omron.co.jp/corp/news/2018/0524.html

オムロン ブラジルの人たちの健康づくりを支援

会報『ブラジル特報』 2012年11月号掲載
日系企業シリーズ第21回

              竹田 誠治 (Omron Healthcare Brasil Ltda. 社長)



障壁多いブラジルビジネス
 「ブラジルコスト」「何事にも時間のかかる国」などブラジルビジネスの難かしについて多くの書籍で触れられていますが、まったくそのとおりで、現在でも多くの課題に頭を悩ましています。それでも社員と知恵を絞り、課題を乗り越え、私たちの商品をブラジルのお客さまに届けることができた喜びは何事にも変えがたいものがあります。

 健康づくりにチャレンジ
 ブラジルの高血圧患者数は世界でも指折りであり、残念なことにそれが原因で心疾患、脳疾患になられて亡くなられる方が大勢いらっしゃるというのが現状です。家庭での正しい血圧管理方法を啓発し、一人でも多くの方に当社の商品をお使いいただき、血圧管理を行っていただくことが私たちの使命です。
 また、今後は喘息患者さま向けへのネブライザ、肥満を解消するための支援ツールなど品揃えの幅を広げ、よりブラジルの方々の健康づくりに貢献すべく、チャレンジを続けていきます。



以上一部抜粋下記のリンクで全文読めます。

日本ブラジル中央協会https://nipo-brasil.org/archives/2437/

リンク
オムロン・ブラジル







0 件のコメント:

コメントを投稿

ブラジル散歩 マリリア市の夕暮れ散歩 ウォーキングの効率の良い方法

マリリアの夕暮れを散歩しています。 YouTubeの動画アップしました。今年に入ってからそしてコロナになってからは尚更散歩を心がけるようになって、毎日平均8000歩を目指しています。本当は1万歩を目指していますが、無理しないよう徐々に多く歩くようにしています。先月は九千歩平均を超...